私のお気に入り

2016年06月29日

バラを生ける

_DSC0239_4848bara_01_Ed02_Ed01_Ed01


バラ生産者の青木君がつくったバラを生けた。JA産直販売所でときどき買ってきて生けている。
生けてから三日たつが今が満開で一週間は楽しめる。これで350円。お値打ちである。


koufukutei at 10:03|PermalinkComments(0)

2016年06月20日

朝顔が発芽する

_DSC0182_4791asagao_Ed01


今年の梅雨は今のところ雨量は少ないが朝顔の発芽を助けている。
去年落ちた種から一人生えした朝顔は蔓が伸びてきたが遅れて蒔いた白い花の方はまだ芽が出たばかり。

間引きしたり植え替えたりしながら成長を楽しみたい。


koufukutei at 10:08|PermalinkComments(0)

2016年06月19日

父の日

_DSC0179_4788winne_Ed01


美味しいワインをもらった。
最近飲んでいる箱ワインと比べては失礼なくらいに美味しい。

梅雨の真っ最中の嬉しい日。
夏至が近づいている。


koufukutei at 21:56|PermalinkComments(0)

2016年06月02日

濃醇純米酒 米の極

s-2-DSCN2969_4730komenokiwami_Ed01


三月の初めに味覚がおかしくなったのか急に酒が不味くなったことがあり、普段より少し高めの酒を試すようになった。その酒を月の末に味覚が戻った後も続けていた。

料理酒を切らしたこともあって今日はこれを選んできた。だめなら料理酒にしようと。
しかし大当たりであった。値段は1310円。

「15度以上のアルコールでお燗にしても飲み応えあり!
通常より充分熟成期間を置いて出荷
熟成された風合いには色光・味に表れ濃醇で豊かな味わい」

『濃醇な味わいで旨みがあり、ふくらみを感じる酒』

まさに同感。



koufukutei at 14:56|PermalinkComments(0)

2016年05月16日

まだ燗してる

IMG_0591_Ed01


炭が残っているので久しぶりに燗をつけている。
この徳利は直火に掛けられるように耐火土で作っているから大丈夫。
普通の燗より冷めにくいので具合がいい。大きめに作ったので首まで熱くならなくて手で持てる。

快適な時季は過ぎて日々暑くなっているがお茶の好きな祖父は夏でも火鉢の鉄瓶から湯気を立てていたらしい。


IMG_0603_Ed01


koufukutei at 19:32|PermalinkComments(2)

2016年05月12日

メガネスタンド

IMG_0582_Ed03


年相応に不自由になってきて机の上に何本ものメガネが。しかしこれに掛ければスッキリ。
Amazonで1500円。

一番下はパソコン用に購入したハズキルーペで1.32倍の拡大率がモニターと相性がいい。


koufukutei at 15:24|PermalinkComments(0)

2016年04月29日

「むらさきや」の鯛焼き

IMG_0544_Ed03


ずいぶん久しぶりに電話注文してから出かけた。
午後二時半前であったが小さな駐車場から車が道路にあふれていて停めるのに苦労した。

どうにか無理やり駐車して入ると十人足らずで一杯になる店内は人だらけであった。

電話を入れていたので難なく買えたけど飛び込みだったらいつになるやら。大変な繁盛である。

十匹買ってきたがちょっと多すぎたようでまだ二匹残っている。
気が付けば、この鯛は右を向いているし金魚にも見える。



koufukutei at 19:43|PermalinkComments(0)

2016年04月19日

まだ火鉢に炭を

IMG_0529_Ed02


日中は暑いくらいの陽気でも部屋の中、とりわけ日の射さない部屋は意外に寒い。
この部屋はそう言うわけでもないけど今も火鉢に炭を入れている。

でも十日も経てば炭はなくなりそう。今期のお仕舞である。




koufukutei at 20:50|PermalinkComments(0)

2016年04月15日

サボテンも開花

_DSC2540_4691sabotennnnohana_Ed01


いま気付いたら咲いていた。可愛がって10年目にして初めて咲いた。
買ってきたときは小指ほどの大きさしかなかった。何度も鉢を変えているが今は鉢からはみ出るくらいに大きくなった。

蕾が沢山ついているので満開が楽しみだ。

_DSC2555_4706sabotennnnohana_Ed01


こちらも花芽が大きくなっている。

_DSC2548_4699sabotennnnohana_Ed01


koufukutei at 09:46|PermalinkComments(0)

2016年04月09日

まだまだ花盛り

_DSC2526_4681mannkai2016_Ed01


雨や風で散ってしまったが、まだまだ。
手前の梨は今が真っ盛り。
その右は林檎。こちらはやっと葉っぱがでてきた。


koufukutei at 20:25|PermalinkComments(0)

2016年04月05日

大きな筍をいただきました

IMG_0494_Ed01


2本合わせて2.9kgもあった。とりあえず茹でたけど一部は発酵食品に。
こちらは料理家のコウ ケンテツさんの番組で紹介されていた作り方。

ベトナムだったかタイだったかの山岳地方に住む人達が作る保存食で番組ではコウさんと地元のおじさんが取ってきたばかりの筍をナイフでささがきに削っていた。
それを瓶に入れて水を加えれば仕込みは終わり。

これを真似て去年作ったときは5日くらいで水が白く濁ってきて少し泡も出てきた。発酵しているので少し酸っぱい。野菜炒めの材料にいいし汁は調味料として煮物に使える。

IMG_0497_Ed01

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
5月10日 今はこんな感じ。昨夜1/3位を野菜炒めに使ったがいい味になっていた。

IMG_0510_Ed01


koufukutei at 14:09|PermalinkComments(0)

2016年04月03日

梨も開花

_DSC2514_4669 nasi&sakura_Ed03


春本番となり花々は我先にと咲き始める。
我が家でも桜に続いて梨も開花した。

純白の梨花と桜の競演がしばらく楽しめそうである。


koufukutei at 14:46|PermalinkComments(2)

2016年03月29日

桜咲く

_DSC2505_4660kaika_Ed01


名古屋地方はとうに開花宣言されたというのに我が家の桜はやっと今日開花した。
これからは気温20度前後の日が続くので満開は普通に1週間後となるだろう。


koufukutei at 14:31|PermalinkComments(0)

2016年03月25日

赤カブ漬物  その3

DSCN5936_4601akakanuzuke_Ed01


1月中旬に漬けこんだ赤カブが食べごろになってきた。
塩と酢の分量もよかったようで美味しく出来上がった。

3キロ近く漬けたので我が家だけでは食べきれないので好きな人に分けてあげよう。
また何か漬けようと思っている。


koufukutei at 16:55|PermalinkComments(0)

2016年03月21日

ココアも飲んでる

IMG_0456_Ed01


今日は早朝から美容院への送迎に始まって最後は学校主催の夜会のため駅まで送って行った。
今日は卒業式、子育てもついに終わりかと安堵している。

この数日来少し酒の味も分かるようになってきて体調も戻りつつある。その間ココアを飲んでいてこれはこれで美味しい。


koufukutei at 21:05|PermalinkComments(0)

2016年03月19日

興和 LUPINUS EK320-BK2は素晴らしい

IMG_0450_Ed01


_SL160_うまく写真が撮れないけどこの照明器具は素晴らしい。
きょう届いたものだが評判に違わず申し分ない。

LEDの光源部は長さが30センチ近くあり120センチ幅の机全面を余裕でカバーする。アームの可動部は6か所あり自在に望む向きに変えられる。LEDでもギラギラ感はなくいたってソフトな光源であるが照度に不足はない。

これで消費電力は蛍光灯の1/4。デザインも作りもいい。LEDの時代だね。


koufukutei at 22:19|PermalinkComments(0)

2016年02月28日

蕎麦釉酒器  最新作

DSCN5923_4512sinnsaku_Ed01


最新作の一点。きょう引き取ってきたが早速酒を入れて試している。

筆で撥水剤を引いた跡がアクセントになっていて狙い通りの効果が出た。しばらく使ってみよう。



koufukutei at 18:39|PermalinkComments(2)

2016年02月25日

不思議な遊具 高浜市中部公園

IMG_0405_Ed01


今日は陶芸教室があったので早めに行って小一時間ほど歩いた。ときどき時間調整で寄るホームセンターで買い物をしてそそままがら空きの駐車場に車を置いて。

歩きだしてすぐの所に広い公園がありこの遊具に目が留まった。大きな滑り台のようでもありスケートボードでも遊べそうである。

公園といっても野球などができるグランドがあるだけの所もあるが、この公園は地形にも高い低いの変化があり植栽も見事でよく設計されている。


koufukutei at 16:37|PermalinkComments(0)

2016年02月15日

街道の椿

IMG_0356_Ed02


ここは豊明市内の二村山で昔の鎌倉街道が通っている。ほんの少しの距離しか残っていないが雑木林の中なので別世界の感がある。

この冬はここを通るコースを歩いている。常緑樹の濃い緑に真っ赤な椿の花がひときわ映えている。


koufukutei at 15:05|PermalinkComments(0)

2016年02月07日

いわしの干物作り

DSCN5907_4496himono_Ed01


日射しがあり強い寒風が吹いていて干物作りには好都合な天気。早速いわしを開いて干物にした。

背開きにしてエラと内臓を取り出し塩水で洗えば準備OK。
夕方までに出来上がりそうだ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
出来上がり
脂の多いさんまやいわしは苦手という人も干物ならいけると思う。丸干しと違い内臓は除いているから食べやすい。

IMG_0341

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
以前の干物記事は「干物」で記事検索を。




koufukutei at 11:12|PermalinkComments(0)

2016年02月03日

人参の切干

IMG_0320_Ed01


大安売りの人参で切干を作っている。
細く切っているので風があれば数日で出来上がる。

右は今朝干したもの、左は出来上がったものでこんなに小さくなる。
その分味が凝縮しているだろう。

人参の切干は初めてなのでどんな味がするのか楽しみである。

IMG_0323_Ed01


koufukutei at 11:10|PermalinkComments(2)

2016年01月28日

薔薇を生ける

IMG_0288_Ed01


冬は花の種類は少ないけど寒いので長持ちするから年末から絶やしていない。

いまJAの産直へ野菜を買いに行ったついでに買ってきた。知り合いの生産者が育てた薔薇である。
へたな生け方だけど自作の花瓶とは合っているように思う。


koufukutei at 11:36|PermalinkComments(0)

2016年01月24日

切干作り

IMG_0268_Ed01


きょうは大寒波到来で風が強い。
こんな日にこそ切干作りを。

おでんを仕込んでいるので厚くむいた皮を細く切って切干を作っている。
左は3日目で右は今干したもの。

皮で作る切干は特に歯ごたえが良い。乾燥したものは何年ももつので作れるときに沢山作りたい。


IMG_0275_Ed01

この時間になってもまだ凍っている。


koufukutei at 11:06|PermalinkComments(2)

2016年01月15日

新年初ヒット

IMG_0243_Ed01_Ed01


近所の「酒のすぎた」で買ってきた。値段は1680円(税別)。純米吟醸生原酒で1680円である。

この値段だから外れなら料理酒にと賭けで買ってきたが、これが大当たりクリーンヒットである。
それもシングルじゃなくて長打であった。

とろんとした甘口で大変うまい。あした行って買い増ししようと思っている。


koufukutei at 18:14|PermalinkComments(2)

2016年01月14日

赤カブ漬物  その2

IMG_0226_Ed01


こちらはすぐ食べられる千枚漬けではなくてじっくりと寝かす塩漬けである。大きなカブ丸ごとではそれこそ大樽に漬けないと出来ないので小さく切って仕込んだ。

塩はカブの3%に少し酢を加えた。今回はカブが2.8キロだったので塩は80g,酢は20ccにした。

できれば梅酢を使いたかったが他にも使いたかったので穀物酢をつかった。
重しをして数か月たてば食べごろだろう。一つ楽しみが増えた。


koufukutei at 22:55|PermalinkComments(0)

2016年01月12日

赤カブ漬 今が旬

DSCN5870_4459kabu_Ed02


薄く切る。中はこのように赤くない。これをポリ袋に入れて小さじ一杯の塩を加える。一日経ってから味見して足らなければ塩を足す。
これで仕込みは終わりだが私は去年作った梅干しがあるので梅酢を加える。


DSCN5875_4464kabu_Ed01


DSCN5879_4468kabu_Ed01


梅酢を加えるとすぐに皮の色素が溶け出してきて白い部分が染まってくる。1日漬ければ食べられるが次第に赤みを増して数日で売られている赤カブ漬のようになる。

この時期は豊富に出回っているし値段も安い。ソフトボール大が2個で100円だった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1月21日
身も赤く染まっているがそれほど酸っぱくない。

DSCN5893_4482kabu2_Ed01_Ed01




koufukutei at 08:59|PermalinkComments(0)

2016年01月09日

鯉料理で新年会

IMG_0209_Ed01
あんかけ唐揚げ

IMG_0208_Ed01
味噌姿煮

先日獲った鯉である。
夕方6時前に畑にある水槽(廃浴槽)からタモですくい上げてビニール袋へいれて持参した。
それを食事処「味咲」さんは唐揚げと煮付にしてくれた。

どちらも変な癖もなくて大変美味しくいただいた。さすがプロの味と感心した。これなら第二段を決行しようと話は大いに盛り上がった。大なまずもいたから楽しみだ。

写真は二枚とも「味咲」の大将が我々に出す前に撮影していてくれた。私はといえばすっかり撮り忘れてしまって箸をつけていた。





koufukutei at 23:12|PermalinkComments(2)

2016年01月05日

新年は魚獲りから

IMG_0203_Ed01


まだ5日だというのに誘われてしまった。
ポンプで排水して跳ねている魚を掴み取りしようという魂胆だが意外に水量が多くて10センチ位減ったところで今日は時間切れ。

写真の右手には今は止まっているが水が流れ込む直径40センチ位の管があるのでその中の水が多いようだ。
それでも管の中へタモを突っ込んで魚を追い出して30センチ位の鯉を二匹捕まえたがそれよりずっと大きいナマズは取り逃がしてしまった。

続きは今週末だそうだ。


koufukutei at 19:47|PermalinkComments(0)

2015年12月27日

今日は歩き

IMG_0184_Ed01


きのう自転車に乗らなかったので今日は歩き。二時間くらい歩いてきた。
道中目に留まったのは赤く色づいた南天の実。

この季節は咲いている花が少ないので赤い実の存在感は際立っている。あちらの庭にもこちらの畑にも。
南天の生垣に囲まれている家もあり見事であった。



koufukutei at 13:42|PermalinkComments(0)

2015年12月22日

久しぶりに大須

DSCN2952_4426oosu2015_Ed03


今年2回目だろうか、久しぶりに大須へ行ってきた。火曜日なのに人出は多く季節だと感じた。なじみの店へも寄りのんびりと歩き回った。目的の物は買えずじまいだったがいい気持になれた。

大須ギャラリーのウィンドーを撮らせてもらったが相変わらず今日も綺麗に飾られていた。

しかし大須観音脇のうなぎ店が様変わりしていたのは寂しかった。ここの特大のうな丼を持参して年末のスーパー歌舞伎を見たのが懐かしい。飲みながら食いながら楽しめる本来の歌舞伎はもう二度と見られないであろう。
最初の年など仕事帰りに車座になって弁当を広げている人たちもいた。忘年会を兼ねているふうであった。






koufukutei at 20:31|PermalinkComments(0)

2015年12月13日

千両万両

_DSC2366_4402sennryoumannryou_100_Ed01


今月に入っていっそう赤味が増してきて緑との対比が美しい。
山から採ってきてから二年になる。その時は二種ともほっそりとしていたが今はがっちりとした樹形に変わってきた。
コケも植えたのではなく自然に生えたもので一緒に採ってきた土に胞子が付いていたのだろう。


koufukutei at 13:59|PermalinkComments(0)

2015年11月28日

一匹も釣れなかった

IMG_0129_Ed01


向こうに見える橋は衣浦大橋の少し上流にある鉄道の橋である。二人がかりで一匹も釣れなかった。釣果だけが目的ではないが今日は意外に寒い思いをした。

普段は自転車を楽しむ場所なので体を動かすほうが向いているのかも。


koufukutei at 20:22|PermalinkComments(0)

2015年11月11日

たまにはオーブン料理

DSCN2891_4333o-bunnryouri_Ed01

寒かった日に作って以来、鍋物を作りすぎたので今夜は旬の野菜と魚を使ってオーブンで焼いてみた。

仕込んでしまえば後は火加減をするだけなので酒を飲みながらでもできる。
火をグリルに切り替えてチーズにこんがりと焼き色が付けば出来上がり。


koufukutei at 19:42|PermalinkComments(0)

2015年11月01日

特大落花生

DSCN2875_4317rakkasei_Ed01


もう3回も4回も茹でている。
こんな大きい落花生があるとは知らなかった。塩茹でしたらこれが美味しい。

この写真では分かり辛いが普通の落花生の4倍くらいの大きな豆が入っている。千葉県産は有名だがこれは地元産。秋の楽しみである。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

(11月3日)
今日も買ってきた。むかごも買ってきた。存分に秋の味覚を味わいたい。

DSCN2883_4325rakkasei_Ed02



koufukutei at 20:53|PermalinkComments(0)

2015年10月30日

2台のiPhone

_DSC2303_4316iPhones_099_Ed01


世の流れから2年遅れてiPhone5からiPhone6へ変わった。でも正直言って変えたくない思いがあって迷った。

それというのもiPhone5のデザインに惚れ込んでいたからだ。
手に持った時のエッジが立っている感触と意外な重量感がいかにも中身が詰まっていると思わせる絶妙な仕上がりである。

その感覚はiPhone6では味わえない。もちろん機能が進んでいることは当然なのだが。
そうは言っても1週間もしないうちに慣れてしまった。


koufukutei at 23:06|PermalinkComments(0)

2015年10月27日

秋色…そして嶋さんの備長炭

_DSC2297_4291akiiro_098_Ed01
Micro-NIKKOR 105mm 1:4 F32 AE+2/3  D600

秋晴れの日が続いている。次第に日が昇るのが遅くなり寒さを感じるようになった。冬好きな私はそろそろ火鉢を出そうかと思っている。

炭の用意はできている。毎年お世話になる和歌山県の嶋さんから先日10キロ届いた。
嶋さんが作るのは備長炭で、その中で一番安いものを購入している。切れ端であったり枝の先であったり割れた物でいずれも小さくこれが火鉢にはお誂えで使いやすい。

火持ちは良く多めに熾したときなどは朝まで残っている。一酸化炭素の出も少なくて安全でもある。
きょう火鉢を出そうかな。

DSCN2854_4299binntyoutann_Ed01

これが嶋さんの備長炭。長いものはマドラーとして使ってくださいとのメール。叩いてみたら甲高い音がしていかにも堅そうであった。


koufukutei at 09:44|PermalinkComments(0)

2015年10月18日

拳母祭(ころもまつり)

拳母祭 006_Ed01

拳母祭 003_Ed01


山車が通った後である。
きのうと今日は拳母祭。拳母は豊田市の中心地である。

親戚の法事があって行ったら丁度祭りであった。食事の後に案内してもらって一同歩いて拳母神社へ向かった。道路は山車の上から撒いた紙吹雪がその賑わいの名残を残していた。

子供のころの思い出と重なって楽しかった。今夜は花火も上がるそうだ。

豊田のお祭りといえば今では「おいでん祭」が知られているが古くは拳母祭は最大規模の祭りで花火は岡崎、知立とならび三河の三大花火と称された、と思っている。

拳母祭 008_Ed01

拳母祭 011_Ed01




koufukutei at 17:30|PermalinkComments(0)

2015年10月14日

漱石全集 岩波書店 2セット

DSCN5853_4265souseki_Ed01

DSCN5857_4269souseki_Ed01

昭和40年12月からの第一刷全16巻と昭和49年12月からの第二刷全18巻の揃いである。

調べてみると岩波書店の漱石全集は大正時代に始まり昭和になっても3年版と10年版があり、これはそれに次ぐもののようである。

状態は箱こそ経年にふさわしく痛んでいるが本そのものの状態はいたって良い。とくに昭和49年版にいたっては未読ではないかと思われる。

このような立派な全集にもかかわらず今では人気がなく古本屋さんも引き取ってくれない。処分したければ古新聞や段ボールと一緒に出さねばならないのが現状のようだ。

これを送料を入れて約2000円で入手したが良いものを手に入れたと思っている。とりあえず「こころ」から読み始めたが100年前の小説にしては漢字に仮名がふってあり文字も大きくて以外に読みやすい。

全16巻のうち小説は半分の8巻なので意外に少ないなと思うし全部読んでやろうと思っている。


koufukutei at 21:28|PermalinkComments(2)

2015年10月05日

ビワレモン酒の小分け

DSCN2840_4260biwaremonnsyu_Ed02

二年前の初夏に仕込んだ酒を小分けした。

ビワレモン酒を最初に作ったのが2005年で以来何度も作っている。ビワとレモンを組み合わせることで格別旨い酒ができる。

このまま瓶で3年寝かせれば色も味も熟成してさらに濃厚になる。

まだ2005年製もわずかに残っているし2001年製の花梨酒もある。続けていると果実酒作りはいっそう面白くなっていく。

Crown Royalの瓶は30年以上貯めていて今回初めて利用した。気に入った瓶に小分けしたい。


koufukutei at 17:00|PermalinkComments(0)

2015年09月25日

越後の酒  特別純米酒

DSCN2830_4239etigonosake_Ed02


毎年新米が取れる頃店頭に並ぶ。これから春先までの期間限定の純米酒である。

初めて飲んでから数年になるのでかれこれ50本は飲んでいるだろうか。

何の文句もないいい酒である。それでいて1600円位の有難い値段だが2000円前後の値打ちはある。

言うまでもないが酒のうまさはおおむね値段に比例していてそれは洋酒も含めて全般に当てはまると思っている。


koufukutei at 18:15|PermalinkComments(0)

2015年08月31日

春雨サラダ

DSCN2797_4201harusamesarada_Ed02


今夜で三回目。ごま油と酢の組合せが効いていて美味しい。家族の評判もまずまず。暑いときにも食がすすむメニュー。

新聞に載っていた土井善晴先生のレシピ通りに作っている。コツは春雨の茹で方でプチップチの食感に。そして大きなボールで材料を混ぜ合わせたら冷蔵庫で15分は冷やしたい。

冷やし中華と似ているがマヨネーズは使わない。また冷やし中華のように水分を吸わないので翌日でも美味しく食べられるから多めに作るといい。

材料:春雨(50g)、キュウリ(1本)、ハム(70g)、チクワ(100g)、モヤシ(1袋)、錦糸卵(卵1個)
しょうゆだれ:薄口しょうゆ:2 酢:4 砂糖:2 ごま油:2 いりごま:1  (4人前で各大匙で)
麺として食べるならこれで2人前


koufukutei at 20:25|PermalinkComments(0)

2015年08月26日

落ちてしまった梨

DSCN2773_4179otitanasi_Ed01


昨夜はすごい風だった。寝る頃には車庫の屋根がギシギシと音を立ててあおられていて飛ばされはしないかと心配であった。

一夜明けて外へ出てみるといくつかの鉢植えの植物たちは横倒しになっていた。
梨の実は一つもついていなかった。
周りを探してこれだけ見つけたがもっとあったはずなので今頃はもうアリのごちそうになっているだろう。

一つ食べてみたがまだ少し糖分が足りなかった。あと半月待てばきっと美味しかっただろう。毎年この時期に台風にやられているので来年こそは急な時の移動手段を考えたい。


koufukutei at 07:48|PermalinkComments(2)

2015年08月19日

rin project サイクルパンツ3001

_DSC2260_4167rinproject_095-ps_Ed01
左は届いたばかり、右は長く愛用している

購入してから10年位になるがいまだに愛用している。
ほつれや破れはなくまだまだはけるが、さすがに色は褪せて本来のブラックがグレーっぽい。

そこでサイクルパンツを新調しようと思ってあちらこちらと検索したが結局ほかには候補がなくて同じものを注文した。

10年も前と同じものがあることに驚いたがすでに完成しているデザインなので手を加える必要がないのであろう。衣料品としてはかなりのロングセラーだ。

下の画像ははメーカーのオンラインショップから拝借。サイクルパンツなのに普段もはける良い一品である。


15536256087_55803795f1_z



koufukutei at 20:32|PermalinkComments(0)

2015年08月05日

炊飯ジャーの電池交換 タイガーJKN-B100

内臓電池が切れたらタイマーを使っての炊飯予約や豊富な設定もすべてできなくなる。
しかも内臓電池はユーザーが交換できるようにはなっていない。タイガーの話だが他メーカーも同様のようだ。

そこで自分で交換した。
最初はどこに電池があるのかわからないが上蓋内の液晶表示の近くだろうと見当をつけて外すことに。蓋を観察すると外側と内側の2枚が嵌め合せてあるので隙間に-ドライバーを差し込んで順番に外していく。1か所外したらドライバーを横に滑らせて隣の嵌合を外していけば以外と簡単に二つに分かれた。

DSCN2754_4147suihannki_Ed01

この蓋の素材は適度な硬さなので割れずに開けられる。

DSCN2731_4124suihannki_Ed01

上の写真にある10個以上のねじを全て外すと下の写真のように外れる。

DSCN2735_4128suihannki_Ed01

コネクターを外せば基盤ごと液晶部分が取り出せる。

DSCN2742_4135suihannki_Ed01

電池の電圧はこの通りで定格の3V以上あり困ってしまった。これで時計が機能しないとは…

幸い近所の家電屋さんに行ったら同等の電池があったので購入してきた。390円。さっそく電圧を測ってみたらこちらは下の写真のよう。

DSCN2745_4138suihannki_Ed01


DSCN2747_4140suihannki_Ed01


電池には端子が溶接?してあったので私はリード線を半田付けした。その部分をやすりで擦ってアルコールで脱脂すれば容易に半田がのる。

それを両面テープで基盤の表に張り付けてリード線は裏に回して半田付けした。これで交換は終わり、あとは元に戻すだけ。

これで修理はできたけど疑問を感じた。
電池ケースをつけるなど少し工夫すれば電池交換位はユーザーでも簡単にできることなのになぜこんな構造にしてあるのだろうか。電池寿命は4年から5年だと説明書にある。買い替えを促すことが目的なのかと思えてしまう。今や10万円以上の高額な炊飯器もあるので悩ましい。


koufukutei at 15:14|PermalinkComments(0)

2015年07月27日

梅干しを干す

DSCN2730_4123umebosihosu_Ed01


猛暑の日こそ干し時だそうだ。幸い今日は暑いだけではなく適度の風も吹いている。
先月の22日に漬け込んだから一月以上経っているので触ると崩れそうなくらい柔らかいのもある。

ここまでは順調に来ているのでこれからが楽しみである。


koufukutei at 13:06|PermalinkComments(0)

2015年07月24日

メダカがいっぱい

DSCN2721_4114madaka_Ed01


10日位前にメダカのいる火鉢や鉢から手洗い鉢にホテイアオイを移した。この時期ホテイアオイはどんどん増えて水面を覆ってしまうので減らさないといけない。

メダカの卵が付いている確率が高いので捨てずに他の鉢に移している。今回も移した翌日には早くも小さいのが6匹泳いでいたが日増しに増えて今では100匹にも。

こうして鉢も増えていき既に4個となった。

DSCN2723_4116madaka_Ed01




koufukutei at 14:29|PermalinkComments(0)

2015年07月09日

川村暘谷 自作詩と桃の絵

DSCN2698_4091kawamura_Ed02
川村暘谷 かわむら-ようこく(1882~1955)

巷間隠棲の大家といわれ生前はほとんど発表の場を持たなかったようだ。情報がなくてこれ以上のことはわからないがこの絵を一目見るなり気に入った。

桃の花と熟した実が一緒に描かれていて不思議だけど酒の肴になりそうな絵である。

軸装であったがぼろぼろで掛けることはできなかったので切り取って有り合わせの額にいれた。金彩が気になったが入れてみたら以外に合っている。



koufukutei at 09:38|PermalinkComments(0)

2015年07月06日

万両花盛り

_DSC2247_4071mannryou_094_Ed01


一昨年の秋に山から取ってきた万両が今年は花盛りだ。同じ鉢には千両も植えてある。そちらも花盛り。色付くのが楽しみだ。

昨日今日と梅雨らしい天気で植物たちはみずみずしい。


koufukutei at 18:37|PermalinkComments(0)

2015年07月01日

鯵のなめろう

DSCN2666_4043namerou_Ed01


大型で脂ののった鯵が安く出回っている。それを二匹買ってきてなめろうを作った。

薬味は大葉、パセリ、茗荷。いつものように梅干しを加えて味見してさらに味噌で調整した。

もちろん梅干だけでもいいが残り少ないので先日仕込んだ梅干ができるまでは多くは使えない。

このように一人前ずつ大葉に乗せると取り分けやすくてよい。


koufukutei at 16:36|PermalinkComments(0)

2015年06月22日

梅干を仕込む

DSCN2608_3984umebosi_Ed01


佐布里の梅干が残り少なくなってきて買いに行きたいと思っていた。もう出来る頃だろうかと首を長くして待っていた。

そんな時に今朝の新聞に作り方が紹介されていた。
さっそく梅を買ってきて仕込んでみた。新聞の記事とネットで調べた情報の合作である。

材料:梅1kg 塩:200g これだけ。
梅を洗って乾かして塩とともに瓶に入れて重しをする。重しは二重にしたビニール袋に水を入れて口を輪ゴムで閉じる。

水加減は一日経ってから様子を見て梅が浮いていたら水を増やしつぶれていたら減らす。非常に合理的で効果的な重しである。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

酸味と塩味がポテサラに合いマヨネーズを使わなくてもできるから弁当のおかずに持って行ける。

最近は鯵や鰯のなめろうには無くてはならない材料になってきた。酸味や塩味だけでなく魚の生臭さを消してくれるので重宝していた。

しかし梅酒は10年以上作っているが梅干しは初めて。さてどうなるやら。



koufukutei at 18:29|PermalinkComments(0)
livedoor プロフィール
記事検索
最新コメント
ギャラリー
  • 林檎に花 
  • スーパーバイク18EXP
  • 特大の筍をもらう
  • 春爛漫
  • 春爛漫
  • 自作で炊飯
  • 自作で炊飯
  • FUJITSU  PRIMERGY TX150 S7 PGT1574H63
  • FUJITSU  PRIMERGY TX150 S7 PGT1574H63
  • FUJITSU  PRIMERGY TX150 S7 PGT1574H63
  • 一気に満開
  • 桜開花する
  • 桜開花する
  • 桜開花する
  • 咲き誇る水仙
  • 咲き誇る水仙
  • 咲き誇る水仙
  • ヘルメットを新調する OGK Fm8
  • ヘルメットを新調する OGK Fm8
  • 第7回大西窯 陶遊会作品展を見る 
  • 第7回大西窯 陶遊会作品展を見る 
  • 第7回大西窯 陶遊会作品展を見る 
  • 薔薇を生ける…
  • お帰り!セキレイ
  • 久しぶりに蓄音機
  • 久しぶりに蓄音機
  • 薔薇を生ける
  • 映画「バカヤロー! 私、怒ってます」
  • 快晴快走 バーテープのこと
  • 快晴快走 バーテープのこと
  • 快晴快走 バーテープのこと
  • ThinkPad X61 液晶パネル交換
  • ThinkPad X61 液晶パネル交換
  • ThinkPad X61  ファン交換
  • ThinkPad X61  ファン交換
  • ThinkPad X61  ファン交換
  • 焼き芋
  • 純米酒 SHINTARO 高知県田野町
  • 純米酒 SHINTARO 高知県田野町
  • AGPtEK M20 8GB&JVC HP-AL102-B