2017年04月11日

FUJITSU PRIMERGY TX150 S7 PGT1574H63

IMG_1834_Ed01
                           
IMG_1838_Ed01
                           

サーバーの勉強をしたくて手に入れたが3日で用は済んだので普通のパソコンにしてしまった。

2010年の製品でスペックは今でも使える内容だ。
Cpu:Core i3 540 3.06GHz
Ram:2GB×2
Hdd:500GB×2

大きさはフルサイズのATXケース程度だが奥行きが10センチも長くて重量は25キロ以上とヘビー級である。内部を見ると長い奥行きが無用に思えるのだが目的にかなった良いデザインだともいえる。メンテナンスは抜群に楽である。

OSがインストールされていないだけの状態で他には何も問題はなかった。
サーバーのことを知りたかっただけで運用する気はなかったので別のパソコンでWindows7をインストールして用意していたHDDを追加しただけである。

レジストリを少し編集するだけで他のパソコンに載せ替えても問題なく起動する。(再認証を要求されたので電話で認証済み)

そして元々の2台のHDDは使用時間が約5万時間と長かったので万一を考えてWindowsの「ディスクの管理」でミラーリング(RAID1)した。

500GBあれば非圧縮の音楽ファイルの倉庫としても十分すぎる大きさなので音源装置として活用したいが既に1台作っているし、そのコピーでも入れて他の環境で使おうかとも思っている。

しかしもともとがサーバー仕様なので電源ボタンは小さくてカバーを取り付けると隠れてしまい使い勝手は良くないしメイン電源のスイッチもない。

disk






 

koufukutei at 14:07│Comments(0)パソコン 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
記事検索
最新コメント
ギャラリー
  • 冬のサイクリング
  • 冬のサイクリング
  • 焼き芋 2回目
  • シクラメンの季節
  • 落花生の収穫
  • 落花生の収穫
  • 秋深まる
  • 落花生 収穫2
  • Icon uDAC3
  • Icon uDAC3
  • 焼き芋
  • 焼き芋
  • 古書目録「かわらばん」
  • Windows10 0×807800C5
  • Windows10 0×807800C5
  • 秋の夜
  • 梅酒の小分け
  • Victor AX-S5からMarantz PM6006へ
  • Victor AX-S5からMarantz PM6006へ
  • 花こはく
  • もう咲いた シクラメン
  • FOSTEX FW200 エッジ修理
  • FOSTEX FW200 エッジ修理
  • FOSTEX FW200 エッジ修理
  • FOSTEX FW200 エッジ修理
  • FOSTEX FW200 エッジ修理
  • FOSTEX FW200 エッジ修理
  • FOSTEX FW200 エッジ修理
  • FOSTEX FW200 エッジ修理
  • FOSTEX FW200 エッジ修理
  • 深見文紀陶展を見る
  • 深見文紀陶展を見る
  • 落花生の試し掘り
  • 一酸化炭素警報機「ストーブ見張り番」買い替える
  • 火鉢を用意する
  • 火鉢を用意する
  • 火鉢を用意する
  • 新作織部
  • 今日もハゼ釣り
  • いつ収穫しようか