2016年10月09日

ペン習字に適したボールペン

_DSC0346_50164ballpens_Ed03


先月から始めたパイロットのペン習字通信講座では万年筆以外にもボールペンやサインペンも使う。
たまたま今月の添削はボールペンを使うように指定されている。

手元にあるすべての ボーペンを集めたら10本ほどあったので片っ端から書き味を試してみた。その結果、ペン習字に使えそうなものは1本しかなかった。しかし使わずに放っていたせいか書き味は良いのだが書き始めにかすれるので問題だ。

そこで一応ネットで調べてみたらすでに書き味の良さで定番となっている ボールペンが数種類あることが分かった。どれも1本100円ほどなのでとりあえず評判の良いものを太さを考慮して9本購入した。

三菱鉛筆uni JETSTREAM 0.38  0.5  0.7  1.0 
ZEBRA SARASA  0.3  0.4  0.5 
PILOT Acroball  0.5
Pentel VICUNA  0.5

この中からペン習字用に選ばれたボールペンが写真の4本である。
そしてSARASA  0.3をベストに選んだ。わずかの差で2位にはJETSTREAM 0.37が続く。

他の2本はいずれも少しボテが出る。清書していて途中までうまく書けたのにボテが出るとがっかりしてしまう。

よって今のところSARASA  0.3とJETSTREAM 0.37が私のお気に入りだ。

また今回のテストで、ペン習字の場合、滑らかな書き味だけで向き不向きを決められないという思いをした。滑らかすぎると書いている手ごたえがなく下手な私の場合ぶれやすい。その点で選んだ2本は教材のデスクペンに近い書き味である。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
その後、三菱鉛筆uni-ball Signo 0.38 を試した。その結果、同社のJETSTREAM 0.38より優れていることが分かった。ボテは出ずかすれもなくクッキリとした文字が書ける。色の濃さという点では試したボールペンの中では1番だ。


koufukutei at 12:03│Comments(0)私のお気に入り 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
記事検索
最新コメント
ギャラリー
  • 焼き芋 2回目
  • シクラメンの季節
  • 落花生の収穫
  • 落花生の収穫
  • 秋深まる
  • 落花生 収穫2
  • Icon uDAC3
  • Icon uDAC3
  • 焼き芋
  • 焼き芋
  • 古書目録「かわらばん」
  • Windows10 0×807800C5
  • Windows10 0×807800C5
  • 秋の夜
  • 梅酒の小分け
  • Victor AX-S5からMarantz PM6006へ
  • Victor AX-S5からMarantz PM6006へ
  • 花こはく
  • もう咲いた シクラメン
  • FOSTEX FW200 エッジ修理
  • FOSTEX FW200 エッジ修理
  • FOSTEX FW200 エッジ修理
  • FOSTEX FW200 エッジ修理
  • FOSTEX FW200 エッジ修理
  • FOSTEX FW200 エッジ修理
  • FOSTEX FW200 エッジ修理
  • FOSTEX FW200 エッジ修理
  • FOSTEX FW200 エッジ修理
  • 深見文紀陶展を見る
  • 深見文紀陶展を見る
  • 落花生の試し掘り
  • 一酸化炭素警報機「ストーブ見張り番」買い替える
  • 火鉢を用意する
  • 火鉢を用意する
  • 火鉢を用意する
  • 新作織部
  • 今日もハゼ釣り
  • いつ収穫しようか
  • いつ収穫しようか
  • はぜ釣り