2015年09月05日

染付金彩 杯 清閑寺窯 祥平造

DSCN2800_4204sometukekinnsai_Ed02
直径:65mm
DSCN2803_4207sometukekinnsai_Ed02

調べてみると色絵の茶碗が多く染付は少ない。また先代か当代かわからない。しかし神業とも思える技量で、目方はわずか14gしかない。これ以上薄くは作れないという究極の厚みである。

染付金彩の題も奥ゆかしい。内も外も線が一本あるだけなのに。箱書は達筆でやはり京焼は優雅である。


koufukutei at 11:38│Comments(0) 陶磁と骨董 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

亭主

記事検索
最新コメント
ギャラリー
  • サボテンは花盛り
  • 花盛り 外来種ダメ?
  • メダカ誕生
  • 自転車の手入れ
  • 自転車の手入れ
  • 今日も自転車
  • 暖が欲しい
  • どくだみ咲く
  • キャラバン タイヤ交換 PIT STATION
  • 今月は初級で
  • 今月は初級で
  • こんな日は料理を
  • 新物を沢山いただく
  • VPE25キャラバン 前ショックアブソーバ交換
  • VPE25キャラバン 前ショックアブソーバ交換
  • VPE25キャラバン 前ショックアブソーバ交換
  • VPE25キャラバン 前ショックアブソーバ交換
  • VPE25キャラバン 前ショックアブソーバ交換
  • VPE25キャラバン 前ショックアブソーバ交換
  • 梨も満開
  • 梨も満開
  • 富山市へ
  • 富山市へ
  • 富山市へ
  • 満開
  • 新作酒器
  • 桜咲く
  • 春近し… だけど
  • 春近し… だけど
  • もう土筆は終わり?
  • ビスクロマン スキヨ人形研究所
  • スッポンを捕える
  • 満開の椿 その2
  • 満開の椿 その2
  • 満開の椿 その2
  • 満開の椿
  • 満開の椿
  • 今日もウォーキング  …
  • 今日もウォーキング  …
  • フグの白子