2015年09月05日

染付金彩 杯 清閑寺窯 祥平造

DSCN2800_4204sometukekinnsai_Ed02
直径:65mm
DSCN2803_4207sometukekinnsai_Ed02

調べてみると色絵の茶碗が多く染付は少ない。また先代か当代かわからない。しかし神業とも思える技量で、目方はわずか14gしかない。これ以上薄くは作れないという究極の厚みである。

染付金彩の題も奥ゆかしい。内も外も線が一本あるだけなのに。箱書は達筆でやはり京焼は優雅である。


koufukutei at 11:38│Comments(0)陶磁と骨董 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
記事検索
最新コメント
ギャラリー
  • 一酸化炭素警報機「ストーブ見張り番」買い替える
  • 火鉢を用意する
  • 火鉢を用意する
  • 火鉢を用意する
  • 新作織部
  • 今日もハゼ釣り
  • いつ収穫しようか
  • いつ収穫しようか
  • はぜ釣り
  • はぜ釣り
  • FUJITSU PRIMERGY TX150 S7の現在
  • FUJITSU PRIMERGY TX150 S7の現在
  • 林檎 持ちこたえる
  • 1 NIKKOR 10mm 1:2.8
  • 1 NIKKOR 10mm 1:2.8
  • 施釉
  • 施釉
  • 今日も自転車
  • 今日も自転車
  • 自転車 再開
  • 自転車 再開
  • ホテイアオイの花
  • 二十世紀梨を収穫する
  • 弦高調整 ブリッジを削る
  • 弦高調整 ブリッジを削る
  • 弦高調整 ブリッジを削る
  • 今週も陶芸
  • 今週も陶芸
  • 東芝エアコンRAS-502PDの点検
  • 今日は陶芸教室
  • Clear25で車検
  • 今夜も…
  • 白い朝顔
  • Fuji F150
  • Fuji F150
  • Fuji F150
  • 畑が大変なことに
  • 湖南市夏祭り
  • 12弦ギター③ KASUGA W-160
  • 12弦ギター③ KASUGA W-160