2015年04月29日

染付皿 菊渓造

DSCN2416_3631kikukeigama_Ed01
直径:85mm

DSCN2421_3636kikukeigama_Ed01


手描染付けの豆皿10枚揃えである。
菊渓造と書かれている。調べてみると12代永楽善五郎のことで明治4年に家督を長男に譲り晩年に開いた窯が菊渓である。それが明治15年頃という。

同じ物が3セット出ていたが誰も入札しなくて他の2セットは流れてしまった。何ということだ。


DSCN2418_3633kikukeigama_Ed01


DSCN2425_3640kikukeigama_Ed01


DSCN2423_3638kikukeigama_Ed01


koufukutei at 14:35│Comments(2) 陶磁と骨董 

この記事へのコメント

1. Posted by なおちゃん   2015年05月12日 21:50
歴史ある作品ですね、このような染付が出来たらいいなと思います。
本日かわら美術館、中級電動ロクロ教室の申し込みをしました。またお世話になりますがよろしくお願いいたします。
2. Posted by koufukutei   2015年05月12日 22:15
お久しぶりです。
私も明日行って申し込もうと思っています。また よろしくお願いします。
実はきょう陶磁美術館で茶碗を作ってきました。縁が切れるのも寂しいので引き取りがてら行っています。
この染付は小さいですけど当時の量産品と比べると大変出来がいいです。さすがに名のある職人の作だと思います。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

亭主

記事検索
最新コメント
ギャラリー
  • こんな日は料理を
  • 新物を沢山いただく
  • VPE25キャラバン 前ショックアブソーバ交換
  • VPE25キャラバン 前ショックアブソーバ交換
  • VPE25キャラバン 前ショックアブソーバ交換
  • VPE25キャラバン 前ショックアブソーバ交換
  • VPE25キャラバン 前ショックアブソーバ交換
  • VPE25キャラバン 前ショックアブソーバ交換
  • 梨も満開
  • 梨も満開
  • 富山市へ
  • 富山市へ
  • 富山市へ
  • 満開
  • 新作酒器
  • 桜咲く
  • 春近し… だけど
  • 春近し… だけど
  • もう土筆は終わり?
  • ビスクロマン スキヨ人形研究所
  • スッポンを捕える
  • 満開の椿 その2
  • 満開の椿 その2
  • 満開の椿 その2
  • 満開の椿
  • 満開の椿
  • 今日もウォーキング  …
  • 今日もウォーキング  …
  • フグの白子
  • 寒いけど快適ウォーキング
  • 寒いけど快適ウォーキング
  • Rhythmbox   Podcast 削除したら元ファイルが消えた
  • Athlon 5350からPentium G4560へ②
  • Athlon 5350からPentium G4560へ②
  • Athlon 5350からPentium G4560へ
  • Athlon 5350からPentium G4560へ
  • Athlon 5350からPentium G4560へ
  • Athlon 5350からPentium G4560へ
  • 自転車はじめ
  • 広辞苑 第七版