2014年08月29日

音羽花壇の煎茶器

DSCN1576_2006otowakadann_Ed02
口径:65mm

少し大きいので酒器というより煎茶用の湯呑か、あるいは料理を入れたのだろう。三種類の植物が丹精に描かれている。
音羽花壇はかつて神戸にあった割烹料理の一流店であると分かった。

料理屋が花壇とは不思議に思っていたところ知人が調べてくれた。「大阪および兵庫県あたりで、別宅の異称」
ちなみに江戸では寮と言ったそうだ。

その音羽花壇の名が入った器である。さすがに一流の店の使用品、こちらも一流である。


DSCN1580_2010otowakadann_Ed02


koufukutei at 13:05│Comments(0)陶磁と骨董 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
記事検索
最新コメント
ギャラリー
  • Fuji F150
  • Fuji F150
  • Fuji F150
  • 畑が大変なことに
  • 湖南市夏祭り
  • 12弦ギター③ KASUGA W-160
  • 12弦ギター③ KASUGA W-160
  • 12弦ギター③ KASUGA W-160
  • 12弦ギター②
  • 12弦ギター②
  • 今日の1枚
  • 12弦ギター①
  • カクテルを飲む
  • 落花生の今
  • 今日の1枚
  • 今日の一品
  • 今日の1枚
  • ぬか床の仕込み
  • ぬか床の仕込み
  • ぬか床の仕込み
  • 酒器  加藤春二
  • 酒器  加藤春二
  • YAMAHA G-70D 修理完了
  • YAMAHA G-70D 修理完了
  • YAMAHA G-70D 修理完了
  • クラシックギター ネックの修正
  • クラシックギター ネックの修正
  • 今日の1枚
  • 鳴門親方(元大関琴欧州)ありがとう
  • 今日の1枚
  • 今日の1枚
  • 今日の1枚
  • 山桃酒を仕込む
  • 山桃酒を仕込む
  • 嵐の後に
  • 今日の1枚
  • ジョワイユ 48TVW
  • 朝顔 定植までもう少し
  • ナニコレ!?
  • ナニコレ!?