2013年10月05日

黒擁草花文 花瓶 片山雅美

DSC_0288_027turukubi_Ed01
高さ:235mm


こちらも京焼である。作者は片山雅美氏で以前に香炉を紹介したことがある。その香炉は小さくて上品で今でも使っている。

いま調べていたら「器ごごろ 食べごころー自作に盛るー」という京都新聞に連載された記事が見つかった。
氏が作った器に奥様の料理を盛りつける企画で興味深く読んだ。1年間連載されていたようで四季の器と料理が楽しめる。

この鶴首は艶のない黒い釉薬と草花の象嵌が繊細で上品だ。栞から察すると20年位前の作品か。近年は織部を掛けて還元焼成させた赤織部がある。

ちなみに作者とは同年である。


koufukutei at 17:47│Comments(2) 陶磁と骨董 

この記事へのコメント

1. Posted by なおちゃん   2013年10月05日 21:30
黒の釉薬と草花、落着きのある上品な作品です。薄く仕上げてあるように見えます。
2. Posted by koufukutei   2013年10月05日 21:52
お久しぶりです。
少し涼しくなってきましたね。

この鶴首は持った感じは軽くないですよ。普通です。花瓶ですが首を持つと具合がよくて酒を入れたくなりました。

最近自分でも鶴首の練習をしています。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

亭主

 その時々に思ったことや感じたことを写真を添えて書き留めています。忘れてもふり返れるように…


(店は2011年6月12日をもって閉店しました。これまでのお引き立てに心より感謝します。)

趣味:自転車(約10年 1990年代の初め頃の自転車が好きで全て自作です。かなりの台数あり。もちろん作るだけじゃなく乗っている) 写真(約35年 ずっと白黒中心でやってきたから暗室もあり大判用、中判用、35ミリ判用と3台の伸ばし機が並んでいる。ただしここ数年は使っていないなあ) ミシン,裁縫(約1ヶ月) オーディオ(最初の趣味、今は特に凝っていない。普通に聞ければいい) 音楽:ジャンル問わず大好き。 最近よく聴いているのはChet Atkins とGlenn Gould お酒大好きです。(2010年3月)
2012年1月より陶芸を習い始めた。1年たって何とかできる様になった。(2013年正月)
2014年3月よりフィットネスクラブに通っている。1年経つがまだ続いている。(2015年3月) 去年急に体重が3キロも増えてしまい元に戻そうと格闘している。(2016年正月)  画像は20インチ程度のモニターでも十分な画質です。画像をクリックしてください。その画像をクリックすればさらに拡大します。またパソコン版では広告は一切なくて見やすいです。(2016年4月) 習字をはじめました。パイロットの通信講座でペン習字です。最後の習い事です(2017年正月)  世の流れは、車の運転すら自由にできない方へ向かっているのではと危機感を抱きマニュアルミッションの車を購入。存分に遊ぶことにした。(2018年5月)ここに書いたことは今も続けています。今月の書道の提出が迫っている…ぁぁ(2020年正月)



記事検索
最新コメント
月別アーカイブ
ギャラリー
  • サボテンの花
  • 蓄音機修理 番外
  • 蓄音機修理 番外
  • 田端義夫とJohn Williams
  • 蓄音機修理5 サウンドボックス
  • 蓄音機修理5 サウンドボックス
  • 蓄音機修理4 試聴
  • 蓄音機修理3 ゼンマイを戻す
  • 蓄音機修理3 ゼンマイを戻す
  • 蓄音機修理3 ゼンマイを戻す
  • 蓄音機修理2 ゼンマイを取り出す
  • 蓄音機修理2 ゼンマイを取り出す
  • 蓄音機修理2 ゼンマイを取り出す
  • ビクター卓上型蓄音機の修理
  • ビクター卓上型蓄音機の修理
  • ビクター卓上型蓄音機の修理
  • ビクター卓上型蓄音機の修理
  • 紫陽花喜ぶ
  • 自転車整備その2
  • 自転車整備
  • 自転車整備
  • 一気に暑く
  • ドクダミ満開
  • 山菜天ぷらとお浸し
  • 床を塗装する
  • 林檎の花咲く
  • ドクダミ酒出来る
  • わけぎ?
  • わけぎ?
  • こんなところも
  • 桜咲く
  • カブの漬物
  • 菜の花は満開、桜は来週か
  • 久~しぶりに自転車
  • アテネからCD届く
  • 梨を移植する
  • 梨を移植する
  • 完熟梅酒
  • 椿の坂道
  • 椿の坂道