2012年10月09日

シフターのメンテナンス

DSCN4830_531sifuta- _Ed01


高性能なシフターもしばらくすると動きがおかしくなる。グリスが劣化して固くなるためにレバーの戻りが悪くなることが多い。

この場合のメンテナンスは簡単でまずカバーを開けたらパーツクリーナーを全体に吹き付けて古いグリースを洗い流す。その際レバーを動かしながら吹き付けると効果的だ。そしたらそのまま乾くまで待てばいいがコンプレッサーを持っていればエアーで吹けばベターだと思う。

シフターが綺麗に掃除できて乾いたら新しいグリースを塗布する。

DSCN4832_533sifuta- _Ed01


このままだと肝心な奥まで届かないのでコンプレッサーの圧を低~くして軽く吹くと奥の方までグリースが行きわたる。またデュラエースグリースのようなリチウム系より写真のようなシリコングリースの方が劣化が少なく粘性も低いので好都合だ。

DSCN4834_535sifuta- _Ed01



koufukutei at 11:54│Comments(0)自転車 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
記事検索
最新コメント
ギャラリー
  • 冬のサイクリング
  • 冬のサイクリング
  • 焼き芋 2回目
  • シクラメンの季節
  • 落花生の収穫
  • 落花生の収穫
  • 秋深まる
  • 落花生 収穫2
  • Icon uDAC3
  • Icon uDAC3
  • 焼き芋
  • 焼き芋
  • 古書目録「かわらばん」
  • Windows10 0×807800C5
  • Windows10 0×807800C5
  • 秋の夜
  • 梅酒の小分け
  • Victor AX-S5からMarantz PM6006へ
  • Victor AX-S5からMarantz PM6006へ
  • 花こはく
  • もう咲いた シクラメン
  • FOSTEX FW200 エッジ修理
  • FOSTEX FW200 エッジ修理
  • FOSTEX FW200 エッジ修理
  • FOSTEX FW200 エッジ修理
  • FOSTEX FW200 エッジ修理
  • FOSTEX FW200 エッジ修理
  • FOSTEX FW200 エッジ修理
  • FOSTEX FW200 エッジ修理
  • FOSTEX FW200 エッジ修理
  • 深見文紀陶展を見る
  • 深見文紀陶展を見る
  • 落花生の試し掘り
  • 一酸化炭素警報機「ストーブ見張り番」買い替える
  • 火鉢を用意する
  • 火鉢を用意する
  • 火鉢を用意する
  • 新作織部
  • 今日もハゼ釣り
  • いつ収穫しようか