2011年07月29日

金継ぎ2 麦漆

DSCN3444_807mugiurusi_Ed01


これが麦漆。水で溶いた小麦粉に生漆を加えて練ったもの。

いま、いろいろ金継ぎの方法を調べているけど結論がでた。プロも素人もみなさんやり方が違う。10人10色。
これといった確立した方法はなさそう。ということで自分流でやることに。

たとえば、麦漆でも水で溶く人もいれば、それを鍋で煮て糊をつくってから漆と混ぜる人もいる。麦漆と言う人もいれば糊漆と言う人もいる。

DSCN3446_809mugiurusi_Ed01


湯飲みの欠けに充填したところ。いま写真をみて気付いたけどニュウが入ってた。

DSCN3455_818mugiurusi_Ed01

いっぱい残っていたので先日落として痛めてしまった山田平安堂の大きいお盆にも付けてみた。

こうして補修した器は漆を乾燥させるために室に入れる。一般に乾くのは水分が蒸発して乾くわけだけど漆は化学反応で乾くそうでそれには湿度と温度が大事で湿らせたスポンジや新聞紙と一緒に入れ物に入れておく。乾燥まで1ヶ月。


koufukutei at 12:24│Comments(0) 私のお気に入り 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

亭主

 その時々に思ったことや感じたことを写真を添えて書き留めています。忘れてもふり返れるように…


(店は2011年6月12日をもって閉店しました。これまでのお引き立てに心より感謝します。)

趣味:自転車(約10年 1990年代の初め頃の自転車が好きで全て自作です。かなりの台数あり。もちろん作るだけじゃなく乗っている) 写真(約35年 ずっと白黒中心でやってきたから暗室もあり大判用、中判用、35ミリ判用と3台の伸ばし機が並んでいる。ただしここ数年は使っていないなあ) ミシン,裁縫(約1ヶ月) オーディオ(最初の趣味、今は特に凝っていない。普通に聞ければいい) 音楽:ジャンル問わず大好き。 最近よく聴いているのはChet Atkins とGlenn Gould お酒大好きです。(2010年3月)
2012年1月より陶芸を習い始めた。1年たって何とかできる様になった。(2013年正月)
2014年3月よりフィットネスクラブに通っている。1年経つがまだ続いている。(2015年3月) 去年急に体重が3キロも増えてしまい元に戻そうと格闘している。(2016年正月)  画像は20インチ程度のモニターでも十分な画質です。画像をクリックしてください。その画像をクリックすればさらに拡大します。またパソコン版では広告は一切なくて見やすいです。(2016年4月) 習字をはじめました。パイロットの通信講座でペン習字です。最後の習い事です(2017年正月)  世の流れは、車の運転すら自由にできない方へ向かっているのではと危機感を抱きマニュアルミッションの車を購入。存分に遊ぶことにした。(2018年5月)

記事検索
最新コメント
月別アーカイブ
ギャラリー
  • リフォーム
  • 静かな日
  • 花器講座 後半(愛知県陶磁美術館)瀬戸
  • 花器講座 後半(愛知県陶磁美術館)瀬戸
  • 花器講座 後半(愛知県陶磁美術館)瀬戸
  • 花器講座 後半(愛知県陶磁美術館)瀬戸
  • 花器講座 後半(愛知県陶磁美術館)瀬戸
  • 花器講座 後半(愛知県陶磁美術館)瀬戸
  • Velbon PH-270 修理
  • Velbon PH-270 修理
  • 平安一宋  ぐい飲み
  • 平安一宋  ぐい飲み
  • 水を飲んでる?トンボ
  • 水を飲んでる?トンボ
  • ホヤうまい
  • KonicaⅠ
  • KonicaⅠ
  • 車を入れる
  • 車を入れる
  • 梅雨開けず
  • 梅雨開けず
  • 白粉花
  • 立派なクワガタ
  • ホヤの塩辛
  • 木村伊兵衛のパリ
  • 山桃…
  • ドクダミ酒を仕込む
  • ドクダミ酒を仕込む
  • ドクダミ酒を仕込む
  • 水草の花
  • iPhone3台 GEOへ
  • iPhone3台 GEOへ
  • ハゼと山菜の天ぷら
  • OGK Kabuto REZZA
  • OGK Kabuto REZZA
  • ドクダミの花
  • ドクダミの花
  • あさみや金時
  • あさみや金時
  • サボテン満開