2010年03月23日

JANOME GRAPHICA 分解整備 パネル外し方

1990年製です。ジグザグはもちろん刺繍も出来る当時の最高機種です。ジャンク品を1000円で入手しました。①最高のコンピュータミシンとはどんなものか②とことん修理して遊びたいと言う馬鹿な発想でオークションで落札しました。

_872gurafhia_Ed01
(写真1)

_875gurafhia_Ed01
(写真2)

ここまで展開するのに3時間。その大半は開け方が分からず悩んでいました。上の蓋は問題なく開きました。感覚的に次は右パネルです。目視できるネジは2本。それを外して他のパネルから浮かしても真ん中あたりが外れません。何とか無理して隙間から覗くと2本のネジが内側からパネルを止めているようです。そんなことは常識ではありえないですが。力ずくでは割れてしまいます。何か手がかりがつかめるかと思い底を外しました。これは大ネジ4本だから簡単です。次に前パネルを外しました。いっぱいコネクターが付いていますから写真を撮りながら慎重に。でも素直に外れてくれました。

もう底と前面を外したので、そこからドライバーをこじ入れて右パネルを止めている2本のネジを外しました。やっと開放されました。(写真1)


外したパネルを見て納得しました。


_883gurafhia_Ed01new2_Ed01
(写真3)

左写真の真ん中がそれです。あれを内側から外しました。右の写真を見て分かりますか? 想像力がたりませんでした。すきまから6角レンチを入れて外すのが正解です。6角レンチですよ。そんなのありって言いたいところです。
これに気が付けば5分で右パネルは外れます。ネットで検索しましたけど、これは見つかりませんでした。


いったんパネルを外してしまえば、後は簡単。底部の刺繍をする時に生地を動かす装置がしっかり固着していましたから、それを溶かして動かしただけです。ついでにその他の駆動部に十分注油して動きを確かめたら終わりです。

あとは元通りに組んでテストです。その結果が最後の写真です。上糸巻き問題なし。上下の糸をかけて試し縫い。OKです。綺麗に縫えています。心配していた液晶も文字が読めますからOKでしょう。しかしタッチパネルの反応がよくないです。あとはそれだけです。

でも昨日の午後から始めたわけですから自分としては、ここまで出来れば満足です。しっかり遊んでもらいました。送料込みでも2000円ちょっと。安い遊びです。

_884gurafhia_Ed01
(写真4)

まだまだ整備は続きます。
さて、いつ完了となるやら。


koufukutei at 21:36│Comments(0) ミシン 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

亭主

 その時々に思ったことや感じたことを写真を添えて書き留めています。忘れてもふり返れるように…


(店は2011年6月12日をもって閉店しました。これまでのお引き立てに心より感謝します。)

趣味:自転車(約10年 1990年代の初め頃の自転車が好きで全て自作です。かなりの台数あり。もちろん作るだけじゃなく乗っている) 写真(約35年 ずっと白黒中心でやってきたから暗室もあり大判用、中判用、35ミリ判用と3台の伸ばし機が並んでいる。ただしここ数年は使っていないなあ) ミシン,裁縫(約1ヶ月) オーディオ(最初の趣味、今は特に凝っていない。普通に聞ければいい) 音楽:ジャンル問わず大好き。 最近よく聴いているのはChet Atkins とGlenn Gould お酒大好きです。(2010年3月)
2012年1月より陶芸を習い始めた。1年たって何とかできる様になった。(2013年正月)
2014年3月よりフィットネスクラブに通っている。1年経つがまだ続いている。(2015年3月) 去年急に体重が3キロも増えてしまい元に戻そうと格闘している。(2016年正月)  画像は20インチ程度のモニターでも十分な画質です。画像をクリックしてください。その画像をクリックすればさらに拡大します。またパソコン版では広告は一切なくて見やすいです。(2016年4月) 習字をはじめました。パイロットの通信講座でペン習字です。最後の習い事です(2017年正月)  世の流れは、車の運転すら自由にできない方へ向かっているのではと危機感を抱きマニュアルミッションの車を購入。存分に遊ぶことにした。(2018年5月)

記事検索
最新コメント
月別アーカイブ
ギャラリー
  • 施釉
  • リフォーム
  • 静かな日
  • 花器講座 後半(愛知県陶磁美術館)瀬戸
  • 花器講座 後半(愛知県陶磁美術館)瀬戸
  • 花器講座 後半(愛知県陶磁美術館)瀬戸
  • 花器講座 後半(愛知県陶磁美術館)瀬戸
  • 花器講座 後半(愛知県陶磁美術館)瀬戸
  • 花器講座 後半(愛知県陶磁美術館)瀬戸
  • Velbon PH-270 修理
  • Velbon PH-270 修理
  • 平安一宋  ぐい飲み
  • 平安一宋  ぐい飲み
  • 水を飲んでる?トンボ
  • 水を飲んでる?トンボ
  • ホヤうまい
  • KonicaⅠ
  • KonicaⅠ
  • 車を入れる
  • 車を入れる
  • 梅雨開けず
  • 梅雨開けず
  • 白粉花
  • 立派なクワガタ
  • ホヤの塩辛
  • 木村伊兵衛のパリ
  • 山桃…
  • ドクダミ酒を仕込む
  • ドクダミ酒を仕込む
  • ドクダミ酒を仕込む
  • 水草の花
  • iPhone3台 GEOへ
  • iPhone3台 GEOへ
  • ハゼと山菜の天ぷら
  • OGK Kabuto REZZA
  • OGK Kabuto REZZA
  • ドクダミの花
  • ドクダミの花
  • あさみや金時
  • あさみや金時