2014年06月

2014年06月30日

完熟梅を漬ける

DSCN1327_1566kannjukuumesyu_Ed01


JA直売所に和歌山県産南高梅が沢山ありこれが最後の入荷だという。しかも1kgで300円。
完熟梅は梅干に向いているといわれるが私は梅酒を仕込んだ。

洗いながら一つ皮をむいて食べてみたがそれほど酸っぱさは感じずに意外に美味しかった。いい香が漂った。
さてどんな味に仕上がるか楽しみになってきた。

果実酒は去年が漬け込みの当たり年で七瓶、ことしも今回で三瓶目だ。


koufukutei at 16:39|PermalinkComments(0)私のお気に入り 

2014年06月29日

ホテイアオイ咲く

DSCN1323_1562hoteiaoisaku_Ed01


早朝にはまだ蕾だったが昼前に気付いたら咲いていた。二つが同時に咲いた。不思議だ。

この火鉢でメダカを飼っているが最近一匹増えた。1㎝位に成長したのでもう食べられないだろう。まだ腹に卵を付けている親が何匹もいるのでまた増えるだろう。


koufukutei at 13:23|PermalinkComments(0)私のお気に入り 

2014年06月28日

藤田徳太陶展を見る

_DSC1004_1551fujitatokuta_063_Ed02


高浜市かわら美術館の陶芸教室でお世話になっている藤田先生の作品展を見てきた。
このカップでビールを飲もうと思っている。高台がかわいらしい小振りな作りだ。


藤田徳太陶展
知立市新富2-33 画廊じんがら
6/30(月)まで

_DSC0999_1546fujitatokuta_064_Ed01



koufukutei at 16:03|PermalinkComments(2)陶磁と骨董 

2014年06月26日

空薫 そらだき

DSCN1319_1534soradaki_Ed01_Ed01



時々楽しんでいる。
梅ヶ香の奥ゆかしい香が好きだ。

この京焼の香炉が好きで真似した自作もあるが未だに出番はない。


koufukutei at 19:50|PermalinkComments(0)私のお気に入り 

2014年06月24日

黄瀬戸  菓子鉢  野田東山

_DSC0962_1510kizetohati_061_Ed01
直径:210mm

瀬戸の野田東山氏の作である。
意外に黄瀬戸は持っていないが好きである。赤津七釉の一つでもあり自分もよく使う。
これぞ黄瀬戸の鉢である。

全体に薄作りで出来そうでも出来ない気がする。高台も真似したい。



_DSC0977_1525kizetohati_062_Ed03


koufukutei at 21:06|PermalinkComments(2)陶磁と骨董 

2014年06月21日

土耳古 高盃  柴田正明

_DSC0953_1495sibatamasaaki_060_Ed01_Ed01
直径:約70mm

常滑の柴田氏の酒器である。
この色が特徴だ。素人には見当も付かない。
そして大部分は膜が張っている。不思議だ。

脚は長過ぎず安定しているので使い勝手はよさそうだ。
箱書は「土耳古」と読めるがなんだろう。

調べてみたら「トルコ」だとか。
それならこの青はトルコブルー。


_DSC0937_1479sibatamasaaki_057_Ed01_Ed01


_DSC0941_1483sibatamasaaki_058_Ed02_Ed01_Ed01


_DSC0944_1486sibatamasaaki_059_Ed01_Ed01_Ed01




koufukutei at 16:40|PermalinkComments(0)陶磁と骨董 

2014年06月18日

きゅうりの糠漬け

DSCN1299_1467nukaduke_Ed01


きゅうりを沢山もらったので久しぶりに漬物にした。糠床の元はもう作ってから3年以上経つが、それほど涼しい所に置いているわけではないのにまったく痛んでいない。

今日も蓋を取ると甘くて何ともいい香りがあふれてきた。容器のフチなどにもカビはまったくなく健康状態は申し分ない。乳酸菌がカビを寄せ付けないからだろう。

漬けるための容器に適量を小分けして水を加えて柔らかくしてから材料を入れる。冷蔵庫に入れて数日で漬かる。

糠床の元の作り方に興味があれば2011年6月18日の記事を参考に。くしくもちょうど3年前だ。



DSCN1303_1471nukaduke_Ed01




koufukutei at 10:21|PermalinkComments(3)私のお気に入り 

2014年06月17日

自作酒器三点

_DSC0929_1463jisakusyuki3tenn_056_Ed01


近作の酒器である。少し薄かったようで本来の織部の色ではないがこれはこれで悪くない。きょう渋抜きして水洗いを終えたばかりなので貫入はこれから染まってくるだろう。

さて今夜はどれを使おうか。


koufukutei at 17:44|PermalinkComments(0)陶磁と骨董 

2014年06月15日

自作に生ける

DSCN1293_1448hanawoikeru_055_Ed01


沢山の花をもらってきたので近作に生けた。
口が細いので花がしっかり固定できて生けやすい。

サッカー日本代表は負けたが
まだ終わったわけじゃない。


koufukutei at 12:57|PermalinkComments(0)陶磁と骨董 

2014年06月14日

自作の笠

_DSC0916_1433kasa_054_Ed01_Ed01


6日に割れてしまったスタンドの笠を買ってきた話を書いたが実はそれより前に自分で作陶していた。しかし良いものは出来ないだろうと思ってTK名古屋人形製陶さんで一つ分けてもらったがその数日後に焼きあがっていた自作を引き取ってきた。

写真の笠がそれだが意外によく出来ていた。ただ採寸がいい加減だったので一番くぼんでいる部分が細すぎて笠受けが入らなかったので今はただ乗っているだけでなので不安定だ。

もう一度作り直したいと思っている。


koufukutei at 21:48|PermalinkComments(0)私のお気に入り 

2014年06月10日

Rhythmboxで同期出来ても再生出来ない問題

Screenshot from 2014-06-09 21:27:44


このスクリーンショットは最新のUbuntu14.04LTSでRhythmboxを使ってiPhone5と音楽を同期しているところである。

最初にドライブのCDからsoundkonverterを使ってリッピングと同時にMP3に変換。アルバム名、歌手名、曲名などの情報も取り込んでくれるので大変ありがたい優れたソフトだ。

また私はWindows8.1とUbuntu14.04とDebian WheezyをトリプルブートしているがUbuntu側からはWindows内が見えるので(逆はダメ)ハードディスクにインストールされているwavファイルも変換できる。

MP3に出力されたら今度はRhythmboxを使って同期するが何の問題もなく完了した。
ところがiPhoneでそれを探しても見つからない。というか見えない。もちろん再生できない。

しかしUbuntuでiPhoneの中を覗くとiTunes_Control内のMusicにちゃんと入っていることが確認できる。もちろんUbunntu側から再生できる。

さてどうしたらiPhoneで再生できるか、また悩ましい問題ができた。

Screenshot from 2014-06-10 09:52:23


このf22などが曲が入っているフォルダーなのだが分け方がまた不思議だ。さっぱりわからない。勝手にこうなっていた。3曲のフォルダーもあるし7曲入っているフォルダーもある。
試しにStoreで1曲買ってダウンロードしたけど、その場所がわからない。

またUbuntuではこの様にiPhoneのフォルダーが見えるがWindowsからは何も見えない。

Screenshot from 2014-06-10 09:14:48


Screenshot from 2014-06-10 09:15:22



koufukutei at 10:05|PermalinkComments(0)パソコン 

2014年06月08日

茗荷寿司

茗荷寿司 019_Ed01


茗荷の値段が一気に下がってきた。いまが旬なのであろう。大きい。
先日は店頭に沢山並んでいたので3個入りを3パック買ってきた。甘酢で漬けて3日ほどでいい色になったので寿司をにぎった。

1年に1度は楽しみたい。


koufukutei at 16:58|PermalinkComments(0)私のお気に入り 

2014年06月06日

TK名古屋人形製陶さんのこと


_DSC0912_1430TK_053_Ed01_Ed01


3月18日このスタンドについて書いたあとに笠を割ってしまった。
底にTK製陶所のラベルがはってあるので製造元は以前から瀬戸のTK名古屋人形製陶だと思っていた。

ホームページもあり通販もされているので訪ねていけば何とかなるだろうと思って行ってみた。そして相手をしてくださった社長さんにこれを見せたらうちの製品ではないと言われてびっくりした。

話を聞いてみるとTK名古屋人形製陶とTK製陶は今の社長さんのお父さん兄弟がそれぞれ経営されていた別の会社でありTK製陶さんは廃業されて今は人形製陶さんだけと言うことであった。

私は名前が変わったものだと思い込んでいたので新発見であった。ちなみにTKはお父さん兄弟の親、つまり社長さんのお爺さんのイニシャルであるとのこと。

製造元は違っても取り付けが出来ればよいので一つ買い求めてきた。オリジナルとは少しイメージが違うけどこれはこれでいいと思う。

瀬戸ノベルティーの中でも高級品のレースドールを日本で唯一製造しているTK人形製陶であるが最近になりノベルティーが再評価され始めてきてますます将来が楽しみだ。



koufukutei at 22:21|PermalinkComments(0)私のお気に入り 

2014年06月05日

梅雨入り

_DSC0901_1425ajisai_052_Ed02


梅雨は嫌いではない。涼しいししっとりしていて風情がある。特に今日のような降りそうで降らない日は儲けたような気分だ。

大雨だと思っていたのに早朝から止んだままで降ってこない。このアジサイは去年もらったものだが1年経ってまた咲かせてくれた。昨年末に剪定しておいたのが奏効したようだ。


koufukutei at 09:44|PermalinkComments(0)私のお気に入り 

2014年06月03日

Ubuntu14.04LTS

Screenshot from 2014-06-03 20:46:49


この二月Linux系をいろいろ試している。これについては一度書いたけど、そのときは最近のUbuntuは好まないとしたけど最新をインストールして使ってみたら少し思いが変わってきた。

あれほど嫌いであったこのインターフェイスに違和感がなくなっている。それどころか使いやすいとさえ思っている。このスクリーンショットを撮るときなどシャッター音がして、それも悪くない。

VineとかopenSUSEとかDebianとかは見た目地味である。今どきは見た目に綺麗でスマホと簡単に同期できなければ若者には支持されないのかなあ。

Screenshot from 2014-06-03 21:12:02


koufukutei at 21:00|PermalinkComments(0)パソコン 

2014年06月02日

変わった染付の小鉢

_DSC0868_1392mukouduke_050_Ed01


75mm角ほどだが深さがあるので使い方はいろいろ楽しめそうだ。ろくろで引いてある。丁寧に「大根とかぶら」ともう一方は小魚(…鮎だろうか)が描かれている。

裏には飛鉋で付けたような模様があり釉薬の付けかたも変わっている。かなり古いと思われるが創意工夫が感じられるいい器だ。9客ある。

_DSC0880_1404mukouduke_051_Ed01




koufukutei at 17:14|PermalinkComments(0)陶磁と骨董 
livedoor プロフィール
記事検索
最新コメント
ギャラリー
  • 冬のサイクリング
  • 冬のサイクリング
  • 焼き芋 2回目
  • シクラメンの季節
  • 落花生の収穫
  • 落花生の収穫
  • 秋深まる
  • 落花生 収穫2
  • Icon uDAC3
  • Icon uDAC3
  • 焼き芋
  • 焼き芋
  • 古書目録「かわらばん」
  • Windows10 0×807800C5
  • Windows10 0×807800C5
  • 秋の夜
  • 梅酒の小分け
  • Victor AX-S5からMarantz PM6006へ
  • Victor AX-S5からMarantz PM6006へ
  • 花こはく
  • もう咲いた シクラメン
  • FOSTEX FW200 エッジ修理
  • FOSTEX FW200 エッジ修理
  • FOSTEX FW200 エッジ修理
  • FOSTEX FW200 エッジ修理
  • FOSTEX FW200 エッジ修理
  • FOSTEX FW200 エッジ修理
  • FOSTEX FW200 エッジ修理
  • FOSTEX FW200 エッジ修理
  • FOSTEX FW200 エッジ修理
  • 深見文紀陶展を見る
  • 深見文紀陶展を見る
  • 落花生の試し掘り
  • 一酸化炭素警報機「ストーブ見張り番」買い替える
  • 火鉢を用意する
  • 火鉢を用意する
  • 火鉢を用意する
  • 新作織部
  • 今日もハゼ釣り
  • いつ収穫しようか