2012年11月

2012年11月30日

私の釣魚大全  開高 健

DSC_9489_715kaikou_Ed01


この本が今日届いた。2007年6月にチェックリストを作って以来もう5年以上探していたがやっと網にかかった。しかもこれが最初。それほど世の中にはないのかと不思議な思いだ。

初めて小説家の本を読んでから30年もたつ。ほとんどの釣り本はその当時に図書館で借りて読んだが酒の肴にしたくて今度は手元に置こうと思った。すぐにネットオークションで揃ったが二冊だけはなかなか見つからなかった。

それは最初の釣り本「私の釣魚大全」と二冊目の「フィッシュ オン」で「フィッシュ オン」はたまに出ても法外な値段なので馬鹿らしくて見送るしかなかった。

「私の釣魚大全」はこの5年以上の間で初めて出品され、しかも普通の値段だったので有り難かった。



koufukutei at 21:02|PermalinkComments(0)私のお気に入り 

2012年11月29日

朱泥  茶碗  陶元造 常滑焼

DSC_9478_297tebinerithawann_Ed01
直径:140mm 重さ:297g

手捻りの作品が欲しかったが圧倒的に量が少ない。そんな中で気に入るものが出ていたので入札したが他に競る人がいなかったので落札できた。

朱泥土の滑らかさと凹凸の手触りがバランスよく心地よい。作者について調べてみたが40年以上前に亡くなっているので情報が少なくてよく分からない。しおりには陶工 陶元とあり職人気質がうかがえる。

底部はへらで大胆に削ってある。高台は付けたようだ。


DSC_9483_302tebinerithawann_Ed01



koufukutei at 12:57|PermalinkComments(2)陶磁と骨董 

2012年11月28日

弱弱しい朝顔

DSCN4932_296joubunaasagao_Ed01


今朝は随分と冷えたのに朝顔が咲いていた。
この種類は大変丈夫で別の場所ではいまだに青々とした葉っぱで元気よく花を咲かせている。

こぼれた種が季節はずれに発芽したこちらは何とも弱弱しくていじらしい。
背丈は20㎝くらいで茎は細くて葉っぱも小さいが花は目一杯大きく見える。


koufukutei at 11:10|PermalinkComments(0)私のお気に入り 

2012年11月27日

手捻り 愛知県陶磁資料館にて

121127_114718_Ed01



先週に続いて今日も手捻り。
いつもと同じように粘土1kgでこの組み合わせで作ってきた。底を薄くして高台は削らない。また底部の周辺の土をヘラで切り取り贅肉がないように心がけたが深皿だけはその方法が出来ないので半乾きの状態で削りたかった。ただ皿は手で持ちながら使うわけではないので重たくてもそれほど苦にはならないが。
ぐい呑:◎ 徳利:〇 深皿:〇-

珍しく鉄釉を指定してきたので仕上がると赤茶色の酒器セットとなる。


koufukutei at 13:39|PermalinkComments(2)陶磁と骨董 

2012年11月25日

萩  湯呑  森島一伸

DSC_9477_713hagiyaki_Ed01

口径:82㎜


釉薬がたっぷり掛かった白い萩焼。何とも美しい色で抹茶茶碗をそのまま小さくしたような形で湯飲みとしては口径が大きい。

これをもう少し小さくしたぐい呑が欲しいものだ。

DSC_9475_711hagiyaki_Ed02



koufukutei at 15:59|PermalinkComments(2)陶磁と骨董 

2012年11月24日

高所作業

DSCN4929_293koushosagyou_Ed01



今週は今日で3回目。目標達成。自転車に乗った回数。

毎年北風が強くなってくる時季になると鉄塔の上での作業を目にする。わざわざ寒くなるのを待ってやっているわけではないだろうが周りの景色が殺風景になるので目に付くのだろう。

かなり遠いところなのに風に乗って話し声が聞こえてきた。ご苦労様です。


koufukutei at 12:05|PermalinkComments(2)自転車に乗って 

2012年11月23日

上野焼 ぐい呑 熊谷本窯

DSC_9467_704aganoyaki_Ed01



このぐい呑はお気に入りであり作陶の手本でもある
感覚的には厚さは1㎜でろくろで引くときの限界だと思う。それでいて箱に入っている5個は寸分の狂いもない。これぞ名人の技。15代熊谷紅陽氏の作だと思われる。

高浜市かわら美術館の初級ろくろ教室は今日が作陶の最後。昨日は大物を作ることがテーマだったので今日は一転して小さな酒器を作ってきた。徳利とぐい呑とビアマグ。どれも華奢で粋な感じが出るように心がけた。



koufukutei at 19:29|PermalinkComments(2)陶磁と骨董 

2012年11月21日

サンマの干物

DSCN4927_060himono_Ed01


この時期になっても生サンマを売っているスーパーがあるのは有り難い。時々塩焼きや酢でしめて食べているが強い北風が吹くようになったので干物にしてみた。きのうの4時位に干したけどもういい感じに乾いている。まさに一夜干し。

開いてから塩水で洗うがこの時に歯ブラシを使うと細かいところも綺麗に洗える。別に用意した海水程度の塩水に1時間浸けたらあとは干すだけ。自作の干物は格別な味。サンマ以外にもアジやサバでも同様だが大きな物は頭が固いのでえらの後ろから開くと楽だし商品じゃないから頭は切り落としてもいい。


koufukutei at 10:12|PermalinkComments(2)私のお気に入り 

2012年11月20日

手捻り 酒器と茶碗

121120_114509_Ed01



しばらくぶりに陶磁資料館で作陶してきた。
徳利はいくつか作ってきたが未だにこれと言って気に入ったものはない。いつも作っている時はなかなかの出来だと思うのだが焼きあがったものを見た途端にがっかりしてしまう。

きょうは玉作りと紐作りを組み合わせて作り、ヘラで形を整えることはせずに出来るだけ手捻りの味を残した。
無駄に贅肉が付きやすい底部を限界まで薄くしてつくったので出来上がりが楽しみだ。


koufukutei at 13:40|PermalinkComments(4)陶磁と骨董 

2012年11月19日

自生のシクラメン

DSCN4923_291sikuramenn2012_Ed01



種がこぼれて一人で生えたシクラメンが1年たってここまで成長した。球根は1㎝ほどだ。まだまだチビだけど花が気になる。

体格に見合う小さな花が咲くのかあるいは普通に大きなが咲くのだろうか。実は最近またシクラメンの芽を見つけた。1年前に落ちた種が何かの条件が合致して生えたんだろう。

シクラメンの種を見たことがある人は少ないと思うが実に小さい小さい種である。


koufukutei at 12:47|PermalinkComments(2)私のお気に入り 

2012年11月18日

輪島塗の椀

DSC_9454_052wajimanuri_Ed01
直径:167㎜

ちょっと珍しい輪島塗のお椀であるがお椀といっても浅いので鉢といったほうが当たっているかもしれない。

五客あるの比べてみると少しずつ線が違うので手描きだと思うが細い線などはかなり細いので相当の腕利きが描いたと思われる。

わたし的には高額の1211円で落札したが送られてきたのは五客の椀だけでこれらが入っていた年代物の立派な箱は処分してしまったようだ。なんとも残念だ。


DSC_9458_056wajimanuri_Ed01


DSC_9456_054wajimanuri_Ed01


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
今夜から燗は火鉢で

ちょっと忘れていても煮えることはないしスローなところがいい。備長炭はおこすのにコツがいるが一酸化炭素はでにくい。バーベキュー用などでは警報機が鳴ってかなわないし部屋中が煙臭くなる。まだ炭になりかけだ。


DSC_9464_701hibatide_Ed03



koufukutei at 13:54|PermalinkComments(2)陶磁と骨董 

2012年11月17日

織部の花入

DSC_9440_693kasenn_Ed01


高さ:245㎜

堂々とした織部の花入れである。色は緑というより赤土に織部を掛けたような感じだ。土に赤土の成分が少し入っているのかもしれない。栃で渋抜きをして仕上げている。

堂々として見えるのは作陶がのびのびしていて姑息なところがないからだだろう。
銘は霞仙と読むのだろうか。霞仙なら瀬戸は赤津の名窯である。

110円也。


DSC_9446_699kasenn_Ed01


koufukutei at 16:23|PermalinkComments(3)陶磁と骨董 

2012年11月15日

自作の織部三碗

DSC_9429_686oribetyawann_Ed01



きょう受け取った織部の茶碗。四つあるけど一つは渋抜き中。手回しのろくろを使って玉作りという手捻りで作ったけど整い過ぎていて電動ろくろで引いたのと写真では違いが分からないと思う。特徴を出しながら作るところが難しい。

最初に見たときに以外に大きいなあと思った。焼きあがれば縮むという観念があったからだと思うが水を使わない手捻りや手回しろくろで作ったものは収縮率が小さいことを体験した。







koufukutei at 17:29|PermalinkComments(2)陶磁と骨董 

2012年11月14日

秋深まる

DSCN4916_683susuki_Ed01



週に3回自転車に乗ろうと思っている。十分可能なのだがしばらく怠けていたので今日から再び。
ウェアはTシャツ+メッシュ長袖+ウィンドブレーカーでも30分で暑くなってウィンドブレーカーを脱ぎたくなる。

これからが本当のサイクリストのシーズンで寒くなるとだんだんと人が減っていくのでますます快走できる。ウェアの温度設定も15度、10度、5度と選択できるしフェイスマスクを着ければ冷たい北風でも快適。


koufukutei at 16:11|PermalinkComments(0)陶磁と骨董 

2012年11月13日

登り窯で焼いた織部

121113_093503_Ed01


愛知県陶磁資料館へ織部を引き取りに行ってきたが残念ながら発色が悪くてがっかりしてしまった。
まず織部の色が薄かった。底のほうは比較的濃いのでやはり掛け方が足りなかったのかも。皿のほうは白化粧が薄すぎたようだ。登り窯は入れる場所によっては上手に焼けないところもあると思うがこれは焼きより施釉に問題があったようだ。

自作には少々物足らない点はあるが皿のほうは白土と赤土を繋いで本当の鳴海織部を作ったので大変勉強になった。また窯入れから焼成と見学させていただいて加藤清之先生をはじめ関係の皆さんと楽しい話が出来たことは意義あることだった。

写真はいずれも渋抜きがすんでから撮影。


DSC_9413_678sibunuki3_Ed02


DSC_9416_679sibunuki3_Ed01


DSC_9423_681sibunuki3_Ed01


koufukutei at 13:56|PermalinkComments(2)陶磁と骨董 

2012年11月12日

織部の渋抜き  実践編


DSC_9400_665sibunuki_Ed01




これは昨日持ち帰った自作の花生で真ん中の斜め左右で色が違うことが分かると思う。
右側は渋抜き液に一時間漬かっていた部分で見事に酸化皮膜がなくなり曇りが取れている。これが本来の織部の色で焼きがよかったこともありいい発色だ。

高浜市かわら美術館での初級ろくろ教室で作った鉢の発色が悪かったので先生に聞いたことから渋抜きを知って先月の22日から山で拾ってきたクヌギの実のヘタの部分だけを桶に入れて水に漬けておいた。水を入れた途端に紅茶ほどの色が出てきたがその色が日増しに濃くなっていった。(10月25日の記事参照)

慌てる必要もないので途中で水を補いながら先週の土曜日まで放っておいた。もう真っ黒になていたのでザルでこして用意しておいた。

まだ経験が浅いからコツは分からないが必要以上に漬けないほうがいいと思う。なぜなら釉薬がかかっていない底の部分などが染まってしまって汚くなるから皮膜が取れたらすぐに取り出したほうがよさそうだ。



DSC_9404_670sibunuki2_Ed01


貫入も染まって織部らしくなった。


DSC_9410_676sibunuki2_Ed01


koufukutei at 08:09|PermalinkComments(2)陶磁と骨董 

2012年11月11日

自作の花生け 高浜市かわら美術館        中級ろくろ教室

DSCN4915_660jisaku2_Ed01



きょうは中級ろくろ教室で作ったものを引き取ってきた。
大皿、小皿、蓋物、花入れなど沢山あったがどれも出来が悪い。今回は初級の時よりも出来はいいと思って期待していたが他の人の作品を見るとがっかりしてしまう。皆さん驚くほどうまいのだ。まだまだぁ~


こんな天気だから花を買いに行く気もおきなくて身近の花を生けてみた。この花生けは失敗が功を奏して以外に良くなった。黄瀬戸は澤田先生がコンプレッサーで吹いてくれたので濃淡がいい感じに景色を作っている。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
写真にある織部を渋抜きしたら好結果が出たので明日詳しく。

DSC_9394_655jisakunohanaike_Ed01


koufukutei at 13:10|PermalinkComments(4)陶磁と骨董 

2012年11月10日

さつまいも納豆 今が旬のスイーツ

DSCN4910_048satumaimo_Ed01


いま干し終わったところだ。ゆっくりと時間をかけて作りたかったので木曜日の朝からはじめた。簡単に作り方をメモしておこう。

1.5㌔の芋を洗ってから1㌢弱の厚さに切って水にさらす。砂糖は1㌔使うが最初は三分の二を鍋に入れ500ccの水を加えて火にかけて溶かす。水にさらしておいた芋を大きな鍋に移し溶かした砂糖液を加える。ひたひたになるまで水を加えて落し蓋をして強火で煮る。沸騰したら少し火を弱めて竹串がやっと刺さる程度で火を止める。これが最大のポイント。

そのまま半日以上寝かせて砂糖をしみこませる。半日以上たったら鍋の砂糖液を別の鍋に移してそこに残り三分の一の砂糖を加えて火にかけ溶かす。それを芋が入っている鍋に戻してまた落し蓋をして加熱する。この時は水分が少ないので時々鍋を傾けながら芋にかけるようにする。10分くらいで火を止めてまた半日以上寝かせる。

半日以上たったらまた鍋の中の砂糖液を別の鍋に移して水分を飛ばすべく煮詰める。半分程度に水分が減ったら芋の入っている鍋に戻して火を強くして砂糖液を芋にからめるようにゆっくりと鍋を傾けながらまわす。数分したら火を止めて砂糖液を別の鍋にあけて少し冷めたらグラニュー糖をしいたバットなどに移してさらに上からもたっぷりとかける。今回は500㌘ほど使った。

一つ一つ丁寧に砂糖をまぶしたら網とかの上に並べて自然乾燥させる。この季節は空気が乾燥しているので風通しのよいところに置けば一日で乾く。もう少し乾かすと少し固くなりより食感が良くなる。
これで完成。

今回は未使用の網戸用が残っていたので使ってみたが両端をしっかり留めたつもりでも以外な重さに耐え切れずに持ちそうもなかったので急遽他に移した。



大量に砂糖を使うけど残ったグラニュー糖は鍋に移した砂糖液にくわえて溶かし、それをペットボトルに入れて保存すれば次回に使えるので無駄はない。またこの砂糖液にはさつまいもの旨みも移っているのでお菓子作りに使ってもいいと思う。


DSCN4911_049satumaimo_Ed01






koufukutei at 11:13|PermalinkComments(2)私のお気に入り 

2012年11月09日

六兵衛さんのぐい呑 

DSC_9387_651rokubee_Ed03



瀬戸は赤津の六兵衛さんのぐい呑でいっぱい。今夜の酒菜は里芋(親芋)の煮物。親芋は美味くないと思われている方もいるが決してそうではない。たしかにゴジゴジとした食感の部分もあるがまずいわけではない。直径15㌢もあろう大親が2個で100円なら元手もかからないから試してみるといい。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
きのうから高浜市かわら美術館で初級ろくろ教室がはじまった。初級、中級と進んでまた初級なのだが、また最初からやることは意味がある。下手さ加減が分かっているから。

土殺しと芯出しが少しだけスムーズに出来るようになってきた。数をこなせば自然に身につくと思うが芯出しがキッチリ出来れば作っているものが歪まない。最初の工程が大事なのだ。

 ここの教室は好きなだけ存分に出来るところが素晴らしい。そして先生方が素晴らしい。やさしくて腕は超一流。




koufukutei at 18:57|PermalinkComments(4)陶磁と骨董 

2012年11月08日

舜陶氏と自作


DSC_9381_645syuunntoutojisak_Ed02



いま、いっぱい吞っていたら似ているなあと。恐れ多くも巨匠の作品と…

キャベツの漬物を何に入れようかと思案していて結局は自作の小鉢に。それを舜陶氏の徳利と並べたら、あらまあピッタリだ。自作の小鉢は黄瀬戸の上に織部を掛けただけだが巨匠の作品とコラボして喜んでいる。偶然の粋な計らいに、またいっぱい。



koufukutei at 20:03|PermalinkComments(2)陶磁と骨董 

2012年11月07日

紐造り 壷   澤田重治  常滑市

DSC_9371_280yotikodukuri_Ed01

高さ:247㎜ 口径:120㎜ 重さ:3.0kg


常滑の澤田重治氏の壷である。素朴で力強くて昔の日本の男のようだ。一面だけに自然釉がかかっていて景色になっている。ずしりと重たい。

箱入りで入手したがその箱の中に1984年11月22日付けの新聞記事のコピーが入っていた。
"ヨリコ造り"一筋に60余年のタイトルでヨリコ造り保持者として市指定無形文化財に認定されていると紹介されている。

その澤田氏の当時78歳にして「長三賞陶芸展」で高さ90㎝胴回り75㎝の大きなかめを出品して新人賞を獲得して「この年になって新人賞とはね、でもありがたいです。」とのコメントを伝えている。
「粘土の乾き具合を見ながらの作業で大変」ともあるが大きなものを積み上げるときの秘訣なんだろう。

ろくろで成形することを覚えたら、最近は逆に手捻りが魅力になってきた。また一歩迷宮の奥へ踏み込んだようだ。この壷は手本としたくて手に入れた。


DSC_9376_285yotikodukuri_Ed01


DSC_9375_284yotikodukuri_Ed01


koufukutei at 16:08|PermalinkComments(2)陶磁と骨董 

2012年11月06日

新聞に

先週末に瀬戸で体験したことが中日新聞の地方版に出ていた。下の記事は土曜日に行われた登り窯での火入れ式の様子で私はこの時にはいなかったが翌日曜日にお邪魔したことは既に書いたとおりだ。


火入れ_Ed01
(5日朝刊なごや東版)

唐三郎氏の個展は日曜日に拝見してきた。この記事にあるとおり黄瀬戸の作品は素晴らしく先日工房にお邪魔した時にろくろ場では彫り終えたばかりの作品を見せていただき私の愚問にも丁寧に答えていただいた。作品はもとより気さくなお人柄でいっぺんにファンになってしまった。

またギャラリーNOZUさんは古民家を移築した建物で落ち着いていて居心地がよかった。


唐三郎個展2_Ed01
(6日朝刊なごや東版)



koufukutei at 10:03|PermalinkComments(0)陶磁と骨董 

2012年11月04日

窯焚き  愛知県陶磁資料館にて

DSCN4894_630kamadaki_Ed01



窯焚きの様子を見学させていただいた。一時半位に行った時は一の間が終わって二の間で焚いていた。この時すでに火入れから一昼夜と三時間半。

残念ながら一の間からの織部の引き出しは予定より早く終わっていて目撃できなかったが出来た茶碗を見せてもらった。真っ黒で黒の中の黒。これが織部黒だ。真っ赤に焼けているものを水に入れて一気に冷やしても割れないのが不思議だ。でも誰が最初にこんな荒業を思いついたんだろうか。


DSCN4903_637kamadaki_Ed01


これは二の間の左側の焚口で薪を投入するところ。二人とも若い女性である。防備していても顔は焼けるそうだ。左右で呼吸を合わせて素早く焚口を開けて薪を投げ入れる。入れるタイミングや左右で量を加減しているそうでそれには窯から出る炎や煙に絶えず注意をしていなくてはならない。一時も気を抜けない作業である。

明日の朝まで続くそうだ。本当にご苦労様です。


DSCN4905_639kamadaki_Ed01


これも温度管理の一つ。焼き具合を見る。



koufukutei at 18:16|PermalinkComments(0)陶磁と骨董 

2012年11月03日

釉彩未文酒器 大江幸彦

DSC_9363_040ooeyukihiko_Ed01



瀬戸は赤津の大江幸彦氏の作である。
箱がないので勝手に名前をつけさせていただいた。手に入れたのは徳利2個、ぐい呑2個である。

落ち着いた色合いで品格が漂う。得意にされていた手法のようで窯の名前が鶉窯でもあり鶉の花瓶などがある。これは未なので未年の平成15年に作られたものか。

一見黄瀬戸に見えるが生地に透明釉が掛かっているだけである。貫入は下の方にかけて小さくなり織部より下と底には入っていない。上部と下部では冷え方が違うからだろう。

koufukutei at 09:55|PermalinkComments(2)陶磁と骨董 

2012年11月02日

豊水落ちる

DSC_9357_626nasi_Ed01
(写真をクリックすると拡大)

豊水が落ちていた。今朝はまだ木についていたのに北風に吹かれて落ちたようだ。完熟だ。

四月にホームセンターで買ってきた苗木でそのときすでにサクランボ大の実が付いていた。それより前にまだ葉っぱも出ていない二十世紀の苗を買ってきたところ美しい花を咲かせてくれたが一つも実が付かなかった。


それで一本だけでは実が付きにくいと聞いてまた買いに行った次第。そこで何本かあった中でこれを選んできた。

ちょっと小振りだが立派に成長した。たった一個だけだが来年は二本の梨が沢山の実をつけるように冬場の管理をしたい。


koufukutei at 16:12|PermalinkComments(0)私のお気に入り 

2012年11月01日

小壷  加藤舜陶

DSC_9349_034syunntoutubo_Ed01


口が小さ目な端正な形の壷で掛かっているのは織部のようだ。一般に織部は白土に描けるがこの壷は下地の上から掛けている。織部の発色をよくするために白化粧を掛けることはあるがこれは黄瀬戸のような釉薬を掛けている。逆転の発想である。

左のぐい呑も舜陶氏の作でありこれは灰釉の上に呉須で線を描いている。箱にはぐい呑としか書かれていないが御深井(おふけ)だと思う。先日、赤津焼会館でしっかり見てきたから。


DSC_9353_038syunntoutubo_Ed01


同じような土だが普通の白土ではなさそうだ。


DSC_9352_037syunntoutubo_Ed01


先月から始まった愛知県陶磁資料館での織部を薪窯で焼くイベントに参加してから俄かに織部づいてきたがそれだけ織部が陶磁の世界では大きな存在なのであろう。



koufukutei at 10:08|PermalinkComments(0)陶磁と骨董 
livedoor プロフィール
記事検索
最新コメント
ギャラリー
  • サボテンの花咲く
  • ネット通販に思う
  • 火鉢は今日で御仕舞い
  • 山科焼 徳利 泥中蔵六造
  • 田植え済み麦実る
  • 田植え済み麦実る
  • 梨と林檎 実をつける
  • 梨と林檎 実をつける
  • 梨と林檎 実をつける
  • レンズを買う 1NIKKOR 18.5mm 1:1.8
  • 薔薇いっぱい
  • 薔薇いっぱい
  • 林檎に花 
  • スーパーバイク18EXP
  • 特大の筍をもらう
  • 春爛漫
  • 春爛漫
  • 自作で炊飯
  • 自作で炊飯
  • FUJITSU  PRIMERGY TX150 S7 PGT1574H63
  • FUJITSU  PRIMERGY TX150 S7 PGT1574H63
  • FUJITSU  PRIMERGY TX150 S7 PGT1574H63
  • 一気に満開
  • 桜開花する
  • 桜開花する
  • 桜開花する
  • 咲き誇る水仙
  • 咲き誇る水仙
  • 咲き誇る水仙
  • ヘルメットを新調する OGK Fm8
  • ヘルメットを新調する OGK Fm8
  • 第7回大西窯 陶遊会作品展を見る 
  • 第7回大西窯 陶遊会作品展を見る 
  • 第7回大西窯 陶遊会作品展を見る 
  • 薔薇を生ける…
  • お帰り!セキレイ
  • 久しぶりに蓄音機
  • 久しぶりに蓄音機
  • 薔薇を生ける
  • 映画「バカヤロー! 私、怒ってます」