2012年07月

2012年07月31日

咲ききらない朝顔

_IGP4468_1125sakikiranai_Ed01


朝顔が咲ききらない日が続いている。七時前に撮った写真だが今は陽が当たってもうしぼんでいる。最近は開花した朝顔を見たことがない。一週間前には綺麗に咲いていたのに何が起きているのだろう。

同じ種類で少し離れている別の朝顔が最近咲き始めたけどこちらも同様だ。


_IGP4470_1127sakikiranai_Ed01


koufukutei at 08:15|PermalinkComments(0)私のお気に入り 

2012年07月30日

唐三彩?

DSC_8741_1120tousannsai_Ed01


値段は100円で私以外の入札はなかった。調べてみると唐三彩は装飾品ではなくて死者を弔う副葬品のようだ。となれば発掘品であり泥が付いていているのも納得できる。


DSC_8709_1065tousannsaifuu_Ed01










入手したときは写真のように泥が付いていた。部屋に飾りたかったので洗い落としたが空洞の胴体部にはそのまま付いている。その後オークションで見たものの中にも同じように泥が付いている馬像があった。

泥まで付けて本物っぽくしてあるのだろうか。
ともかく部屋の飾りとしてはいい感じだ。高さは耳までが255mm。

DSC_8712_1068tousannsaifuu_Ed01





koufukutei at 13:40|PermalinkComments(2)陶磁と骨董 

2012年07月28日

オリンピック始まる

jpgオリンピック開会式



いよいよロンドンオリンピックが始まった。開会式を最初から見たかったけど忘れていて気付いたときはイギリスチームが入場するところだった。東京オリンピックの時は行進だったが今は何と言えばいいんだろうか。

時々スクリーンショットを取りながら最後まで見ていたが画像のシーンと聖火が立ち上がって一つになる場面は素晴らしい演出に感動。


koufukutei at 11:47|PermalinkComments(0)パソコン 

2012年07月27日

ろくろ教室

120727_142214_Ed01


きのうから高浜市かわら美術館のろくろ教室に通っている。一月から愛知県陶磁資料館で陶芸を習っているがろくろはまったく未経験なので一から勉強したくて仲間に入れてもらった。

写真は土殺しをして土とりをしたところだけどなかなかうまくいかない。とにかく土殺しがうまく出来ないと先へ進めないから何度もやってみるがまだまだコツがつかめない。しかし粘土は好きなだけ使えるからありがたい。来週は湯飲みを作るそうだけどそれが基本だそうだ。


koufukutei at 17:34|PermalinkComments(12)陶磁と骨董 

2012年07月25日

安すぎる

2012-07-25 安すぎるCDR 004_Ed01



ドスパラで外付けハードディスクを買ったついでにこれも買い物かごに。値段は100円。CDR10枚セットが。ちなみにDVDR10枚セットは200円。

いい時代になったというか驚いてしまう価格だ。需要が減ったんだろうか。最近はハードディスクやUSBメモリーの値段も下がっていて例えば8GBのメモリーなんて500円くらいで買えるけど700MB×10=7GB=100円はやはり安い。


koufukutei at 16:01|PermalinkComments(0)パソコン 

2012年07月23日

朝顔

R7310745_1108GR DEGITAL_Ed01



きょねん久しぶりに朝顔を育てた。今年その種を蒔き今は人の背丈を越えるまでに伸びているが花はまだ咲いていない。
こぼれた種から一人で生えたこの種類は今月の初めくらいから咲き出して毎朝楽しませてくれている。直径5cmほどの小さい花で葉っぱはハート型だ。

3種類の花が揃うのはもう少し先だ。


koufukutei at 08:56|PermalinkComments(0)私のお気に入り 

2012年07月22日

Touro Desk DX3 TV 2000GB

DSCN4779_1093sotoduke_Ed01TVRockで予約録画して楽しんでいるが内臓のHDDがそろそろいっぱいになってきたので外付けを1台買った。

HGSTのTouro Desk DX3 TV 2000GB Black JPという商品でPCでもTVでも使える。と言うことは普段はPCで録画用に使って見るときはTVの大画面で再生できるということか。それならば便利だけど試していない。
またTVだけじゃなくて別のPCでも再生できるので何かと利用価値がある。

外見は意外に分厚いので(以前分解したI-O DATAの2個分くらい)放熱効果は高いかも。

もちろん録画だけじゃなくてバックアップ用にも使えるので1台あってもいいものだ。信頼できるメーカー製で1万円前後と値段も手頃だしUSB3.0の高速インターフェイスなのでお買い得だと思う。


koufukutei at 14:29|PermalinkComments(0)パソコン 

2012年07月21日

小雨の白粉花

DSC_8724_1080osiroibana_Ed01


今朝は涼しかった。窓を開け放して新聞を読んでいたら肌寒くなってきた。
きのうの焼け付くような日差しより過ごしやすくて大歓迎なのだが。

小雨の中で白粉花が一段と艶やかだ。


koufukutei at 17:38|PermalinkComments(0)私のお気に入り 

2012年07月20日

小物入れ

DSC_8719_1075komonoire_Ed01


胴径9㌢ほどの小物入れである。

量産品だと思われるが形に引かれてしまう。
愛でたくなる大きさと重さで何か美味しいお菓子でも入れて楽しみたい。


koufukutei at 18:14|PermalinkComments(2)陶磁と骨董 

2012年07月19日

不明な徳利

DSC_8693_1049fumeina_Ed01


届いたばかりの徳利だが作者は不明。

高さは11㌢余りでどちらかといえば少し小ぶりな徳利だ。持った感じは軽い。
備前に似た土で一度焼いてから透明釉を掛けたようなつくりで徳利の色は焼き締められた土の色そのものだ。
下の写真の左上隅を参考に。



DSC_8695_1051fumeina_Ed01


koufukutei at 14:14|PermalinkComments(2)陶磁と骨董 

2012年07月17日

夏本番 

DSC_8675_1031natuhonnbann_Ed01


いよいよ夏がやってきた。

きのうまでと違って今日はず~っと強烈な日差しが降り注いでいる。朝顔も白粉花もぐったりとうなだれて少しも水分を逃がすまいと死んだふりをしている。

ほおずきは山茶花のおかげで難を逃れていた。


koufukutei at 13:57|PermalinkComments(0)その他 

2012年07月16日

萩焼の片口を漂白する

DSC_8669_1025hyouhaku_Ed01


おいしい酒をいただいた後に洗っていたら高台が真っ黒でびっくりした。
まだ先日から使い始めたばかりなのに。とっさにカビだと気付いて亀の子たわしで擦ったら表面は簡単に落ちたが完全には取りきれないので酸素系の漂白剤にさらしている。細かい泡が盛んに出るのが特徴で塩素系と違って臭いがしない。

下ろしたての萩焼は水を良く吸うので水に浸けてから使うし酒を入れた後も水に浸けて酒を抜いて仕舞うようにしていたが乾燥が不十分だったようだ。

元に戻ればいいんだが。


koufukutei at 21:29|PermalinkComments(0)陶磁と骨董 

2012年07月15日

黒檀の花台

DSC_8661_1017kokutann_Ed01


安い花台を探していてこれをマークした。去年の暮れに入手したが確か新品で600円くらい。
大きさは一番長いところで17㌢それで重さは521㌘厚さ28㍉。ずしりと重たくて堅そうで存在感がある。



koufukutei at 17:51|PermalinkComments(2)私のお気に入り 

2012年07月14日

織部亥額皿  清山作

DSC_8642_998gakuzara_Ed01




美濃焼 清山陶舎(土岐市)の額皿である。(径315㍉)
箱には織部と書いてあるが織部らしくない。しかも亥である。読み間違えでないなら亥は干支のイノシシで干支はよくあるモチーフだ。

皿の銘も箱と同じ筆跡で清山。作者は間違いないがどうも中身が違っているような気がする。いかがだろう。

皿自体は大変重厚なつくりでおそらく先代の作だと思う。
花弁は油絵の具で描いたように盛り上がり枝は大胆にえぐってある。写真では分かりづらいけど花以外のところは細かく砕いた銀箔が蒔いてあるような感じで見る角度によっては華やかに見える。

栞から察するに昭和50年頃の作品だ。



DSC_8651_1007hakogaki_Ed01


koufukutei at 16:00|PermalinkComments(2)陶磁と骨董 

2012年07月13日

朝顔にネット

DSCN4773_995asagao2012_Ed01



蔓が伸びてきたのでネットを張った。最近は雨が多いので急に成長しだした。
隣の白粉花はもう1㍍以上に広がっていい匂いを漂わせている。これでたった一本である。

たまには香蘭社の白粉花の酒器でも出してみようか。


koufukutei at 19:17|PermalinkComments(0)私のお気に入り 

2012年07月12日

黄瀬戸釉 酒器   自作

DSCN4765_987jisaku_Ed01



きょう陶芸に行ったらこれが焼き上がっていた。
徳利を作り始めて五個目なのだが一番良く出来た。赤土と黄瀬戸釉が反応して紐作りの跡がいい景色になっている。これが手捻りの面白いところで轆轤ではこうはいかない。しかしこの徳利は手にすると重たい。薄く作ったつもりでもまだまだ。

きょうは真ん丸の徳利を作ってきた。それに合うぐい呑を四つ。そのぐい呑は写真のぐい呑と違ってたたら作りという方法で作った。最初に底を作ってから薄く作った陶板をそれに巻きつける。今日は4㍉で作った。


koufukutei at 15:09|PermalinkComments(2)陶磁と骨董 

2012年07月11日

dynabook TX/66C(2007年)の初期化

無題


友達にあげるから個人情報を削除してほしいという依頼で引き受けたけど非常に手間取った。
一応切がついたのでこれで書いているが20時間はかるく越えている。

リカバリーした状態のOSはVISTAのファーストバージョンでSP2までアップするのに大変な時間がかかった。さらに更新プログラムが100以上もあってそれも大変な時間がかかった。一通りすんだので再度アップデートを検索するとまた沢山あってどれだけインストールしたら終わるんだろうかと思えるほど。また東芝の無用なソフトのオンパレードで削除にも時間がかかった。先日HPの最新PCの初期設定をしたけど邪魔なソフトはなく快適だった。

今年になってからもWindows7やWindows8を何度もインストールしているがインストール後のアップデートにあまり時間がかかった覚えがない。CPUの性能もあるだろうがそれにしてもだ。

パフォーマンス最優先で各種の設定をしたのでそれなりに動いているがCore2Duoなのに遅い。メモリ1GBが問題なのか。自分用なら最大の4GBに換えたいところ。

InternetExplorer9との相性が悪くせっかく7からアップしたのに8に入れ替えた。しかたなくGraniをいれたけどInternetExplorerと比べてあっという間にインストールできるし動きも快適。いまこれで書いている。

一つ秀でたところが…音響メーカーのロゴが入っているだけあってノートPCとしては最上の音で聴かせてくれる。




koufukutei at 21:11|PermalinkComments(0)パソコン 

2012年07月10日

相撲

DSCN4753_007sumou2012_Ed01



きのう相撲を見に行ってきた。例年通りの二日目だが今年は人が多かった。
特に私が座った溜り席や枡席はほぼ満席で足が伸ばせずに窮屈な思いをした。さすがに二日目なので大入りとまではいかなかったが少し人気が回復していると感じた。


koufukutei at 11:44|PermalinkComments(0)私のお気に入り 

2012年07月08日

銅の花瓶

DSC_8638_978dounokabinn_Ed01



高さ325mmの銅製の花瓶である。
底に「勘渓」とある。それで調べれば高岡銅器の高名な作家なのだが作風がまったく違う。ただし前所有者の家に数十年間あったそうだから昔の作風なのかもしれない。ただし私と同年だから若いときの作品ということに。

状態があまりよくないので手入れをしたいけど綺麗になりすぎてもいけないので考えている。ちなみに1円で落札した。


koufukutei at 18:38|PermalinkComments(2)陶磁と骨董 

2012年07月07日

不明な花瓶とグラジオラス

DSC_8633_005gurajiorasu_Ed01



花を沢山もらったので四つの花瓶に生けた。この花瓶は珍しいと思って手に入れたがさっぱりわからない。外国産ではないかと思っている


koufukutei at 11:58|PermalinkComments(2)陶磁と骨董 

2012年07月06日

友綱部屋でちゃんこ

DSCN4735_957tomozunabeya_Ed01


誘われて行って楽しく過ごしてきた。

ちゃんこが終わって相撲取りらが自己紹介の場面。
彼は行司と紹介されて一言しゃべった。相撲取りとは違う体型。名前は忘れたけど応援したくなった。


DSCN4740_962tomozunabeya_Ed01


ちゃんこを食べていたら旭天鵬関が入ってきてびっくりした。
が、すぐに思い出した。大島親方が定年を迎えたけど後を継ぐべき彼が現役続行を希望して部屋はなくなり友綱部屋預かりとなっていたのだ。それで優勝しちゃったんだから師弟ともどもファンともども感激しきり、私も。

その先場所の幕内優勝力士、ひときわ人気は高たったが謙虚な人で「ぜひ2連覇を」と声を掛けたけど返事はいたって控えめだった。

友綱部屋の人も旧大島部屋の人も仲良く名古屋場所で活躍してください。


DSCN4751_973tomozunabeya_Ed01



koufukutei at 22:23|PermalinkComments(0)私のお気に入り 

2012年07月05日

銅のカップ お手入れ

DSC_8623_946doukappu_Ed01



ここまで磨くのはさぞや手間がかかったと思うでしょう。
ところがあっと言う間に綺麗になる魔法があるのです。
実はあした古い銅製の花瓶が届くので手入れの方法をネット検索していて知ったわけ。あちこちで紹介されている。

ソース、お勝手にあるあの調味料のソース。最初直接カップにたらしたら一瞬でそこだけ銅色になって慌てた。まさに科学。それからスポンジにつけて一通り拭いたら簡単に見違えるように綺麗になってしまった。面白いので他の2個もやってみたが最初のようにはならなかった。はて…

最初の1個は昨夜のうちに食器用のクリームクレンザーである程度磨いておいた。と言うかその時は他の方法を知らなかったのでクレンザーで磨いたが当然そんなに綺麗にならなかった。

これにソースをたらしたので一気に銅色になったけど他のは何年も放っておいたままだったので脂分とか汚れがついていて一気にはならなかったんだと思う。

最初にクレンザーや洗剤で洗うことがポイントみたい。
でも古い花瓶がここまで綺麗になったら逆に値打ちも貫禄も下がってしまいそう。


koufukutei at 17:31|PermalinkComments(2)陶磁と骨董 

2012年07月04日

豪雨のちサイクリング

DSCN4706_920saiitai_Ed01


きのうの今頃は豪雨の中で車を運転していた。ちょうど陶芸からの帰りで凄まじい降りかただった。交差点が少し冠水しているところもあってハンドルを取られないように気をつかった。

一転してく今日は好天で自転車に乗ってきた。意外にも河川敷が冠水したような痕はなかったが道端でネジバナが可憐な花を咲かせていた。面白いことにこの2本はねじり方が互い違いだ。
ネジバナの背丈はせいぜい30㎝位だから見逃さないように。


DSCN4726_940saiitai_Ed02



これを見て分かる人は少ないかと思うがこれが砥草の花である。つくしと似ているでしょう。実は仲間なのです。茎の太さはちょうど鉛筆くらい。家では鉢で育てているがまだまだ細い茎ばかり。
すぐ近くに学校給食センターがあって横を通るといい匂いがするけど今日は特に…みよし市の子供たちは美味しいもん食べてる

DSCN4729_943saiitai_Ed01




koufukutei at 12:19|PermalinkComments(3)自転車に乗って 

2012年07月03日

黒釉葉文 花瓶 鈴木青々

DSC_8614_237seisei_Ed01


DSC_8620_243seisei_Ed01



瀬戸は赤津の鈴木青々氏の花瓶である。黒釉といっても真っ黒ではなくて茶色をどんどん濃くしていったような色である。そこに銀色で木の葉が描かれている。
高さは162mmで口が小さいので花瓶といっても一輪か二輪しか生けられない。

赤津といえば先日も飛鳥窯の中島卓(たくみ)氏の香合を書いたが愛知県人としては瀬戸と常滑は地元だからどうしても気合が入ってしまう。豊明市はちょうどその真ん中あたりで地の利は有難い。



DSC_8617_240seisei_Ed01



koufukutei at 15:04|PermalinkComments(2)陶磁と骨董 

2012年07月02日

グラボのメンテナンス

DSC_8609_914Radeon3450_Ed01


パソコンのほこりを払ったついでにグラボのメンテナンスをした。2年前に組んだときに中古のグラボをそのまま取り付けていたので取り外してグリースを塗り替えた。
古いグリースは硬化していて熱伝導がわるそうだった。これから夏本番だから長い間放ってあればCPUやチップのグリースも今のうちに熱伝導のいいものにかえてあげたい。


koufukutei at 12:52|PermalinkComments(0)パソコン 

2012年07月01日

若葉 ドラセナ・ゴッドセフィアナ

DSCN4702_233wakaba_Ed01


去年の7月に他の花と一緒に切花の束にあったものを生けた花瓶の中で根が出るまで2ヶ月養生して9月に鉢に移植した。(9月22日の記事参照のこと)それからずっと葉の勢いもまったく変わらなかったが冬になって上のほうの葉が黄色く変色してきたので茎ごと切り落とした。

その後はまた何の変化もなかったが春になって新芽が顔を出した。そしてゆっくりゆっくり成長してやっと最近になって葉っぱらしくなってきた。真ん中にはもう一つ芽が出ている。それにしても色がまったく違う、不思議。

実にのんびりしている植物である。


koufukutei at 12:29|PermalinkComments(2)私のお気に入り 
livedoor プロフィール
記事検索
最新コメント
ギャラリー
  • 自転車 再開
  • 自転車 再開
  • ホテイアオイの花
  • 二十世紀梨を収穫する
  • 弦高調整 ブリッジを削る
  • 弦高調整 ブリッジを削る
  • 弦高調整 ブリッジを削る
  • 今週も陶芸
  • 今週も陶芸
  • 東芝エアコンRAS-502PDの点検
  • 今日は陶芸教室
  • Clear25で車検
  • 今夜も…
  • 白い朝顔
  • Fuji F150
  • Fuji F150
  • Fuji F150
  • 畑が大変なことに
  • 湖南市夏祭り
  • 12弦ギター③ KASUGA W-160
  • 12弦ギター③ KASUGA W-160
  • 12弦ギター③ KASUGA W-160
  • 12弦ギター②
  • 12弦ギター②
  • 今日の1枚
  • 12弦ギター①
  • カクテルを飲む
  • 落花生の今
  • 今日の1枚
  • 今日の一品
  • 今日の1枚
  • ぬか床の仕込み
  • ぬか床の仕込み
  • ぬか床の仕込み
  • 酒器  加藤春二
  • 酒器  加藤春二
  • YAMAHA G-70D 修理完了
  • YAMAHA G-70D 修理完了
  • YAMAHA G-70D 修理完了
  • クラシックギター ネックの修正