2010年03月15日

SINGER 192U

_801pegasasutosinng-_Ed02
(Nikon D100 Micro-NIKKOR 55mm F3.5)
( 1/60絞り開放)

整備が終わりました。といっても固着はなく洗浄と注油だけです。モーターは分解してコンプレッサーで吹いて軸に薄くグリスを塗しました。フットコントローラも問題なし。

糸をかけて試し縫いしましたが問題もなく綺麗な縫い目でした。完璧です。製造年はまだ不明ですが1960年代でしょうか。

私が気に入ったのはこの色です。全体はアイボリーでロゴは茶色。柔らかな雰囲気がいいですね。

_808pegasasutosinng-_Ed01
(撮影データー同じ)

_796pegasasutosinng-_Ed02
(撮影データー同じ)

このケースも木製で頑丈です。ミシンの上から被せるだけでロックされる仕掛けです。ミシン本体と合わせると20kgは軽くオーバーでしょう。


koufukutei at 15:22|PermalinkComments(0) ミシン 

2010年03月12日

ロックミシン ペガサス(美馬精機)ML-302

_774pegasasuミシンにも縁かがり機能はありますが能率を考えればロックミシンは必要でしょう。

と思いオークションで落札しました。フットコントローラー無しですから格安でした。早速すべてのカバーを外して手で動かしてみたら右ルーパーが押さえに少しさわっていました。とりあえず取り付けネジをゆるめて右にずらしたら他に問題はなく動きました。しめしめ何とかなりそうです。前職でペガサスの工業用ロックミシンの保守もしていましたから。
写真のように紐を伝って各部を潤滑する仕掛けは工業用と同じです。(工業用はオイル循環の装置も付いていますが)

そしてすべての可動部に油を注してコンプレッサーで吹きました。つぎにモーターも分解してみました。ブラシが簡単に交換できるようになっていましたから、それもはずして掃除しました。減りは半分以下でしたから当分は大丈夫でしょう。軸受けに薄くグリスを塗って元に戻しました。コントローラがなかったので手持ちの新品を使おうとしたらコネクターが合いません。仕方なく付いているコネクターを外して新しいものと付け替え、試してみたらモーターは快調に回りました。

ベルトの張りに気をつけてミシンに取り付けます。フットコントローラーを軽く押すと心地よい音をたててミシンが動きました。
あとは糸を通してテストです。



koufukutei at 20:46|PermalinkComments(0) ミシン 

2010年03月09日

フットコントローラー

_751futtokonn

_762futtokonn

今日も雨でしたから自転車には乗りませんでした。残念です。
それでまた今日もミシンの話です。

これがオールドブラザーのフットコントロール(ミシンの足踏みペダル)です。整備しようと開けたところです。
これを見てなるほどと納得しました。と言うのもこのフットコントロールは驚くことに現状で生きています。普通に使えます。でもこれから安心して使うにはせめて電線だけでも変えようと思ったわけです。

開けてビックリですね。5本並んでいるばねのような物は抵抗です。ニクロム線でしょうか。下の白い部分は碍子です。ブラザーの近くには日本碍子(NGK)がありますからそこで作った物かもしれません。

ペダルを踏むと横長の銅版が端子の上をスライドしていき抵抗が次第に小さくなり出力電圧が上がります。つまり踏み始めはゆっくりモーターが回りいっぱいまで踏み込むと回転が上がるのです。50年以上前から今と同じですね。

理屈は同じでも作りが違います。現代のものでもフットコントローラーの不具合は時々あるようですが、この頑丈さでは壊れるところがありません。

洗浄して可動部にはリチウムグリス、電気が流れる部分には接点グリスを塗っておきました。電線は張り替えました。

_759futtokonn

メンテナンス後の写真です。

koufukutei at 18:38|PermalinkComments(0) ミシン 

2010年03月08日

ブラザー コミュニケーション スペース

行ってきましたよ。
ここはブラザーの創業期から現在の製品まで展示してあり歴史や構造や製品情報を知ることが出来ます。

所有しているオールドブラザーミシンのことが知りたくて写真を持って行きました。受付嬢さんにその旨を告げおいて展示を見ていたら、早速調べた結果を教えて下さいました。

その結果1947年から製造されたHA1-B2という機種であることが分かり館内にも展示されていました。
第二次大戦後の最初の製品であり物資の不足している時代にこれほど完成度の高いミシンが出来たことはまさに驚きです。そしてケースは1955年から製造のLP-201と分かりました。

最新の家庭用刺繍ミシンから工業用の本縫模様縫ミシン等も展示してありミシンに興味のある方には必見のスポットですよ。




koufukutei at 15:53|PermalinkComments(0) ミシン 

2010年03月06日

突然のミシン

最初にミシンが届いたのが先月の5日だったか。
その数日前に偶然にも(自然の流れか)ミシンオタクにして裁縫もされている方(男性)のHPにたどり着き大いに感激してしまい急にミシンが欲しくなりました。
そこで早速オークションで落札たと言う分けです。

紹介済のオールドブラザーやもう少し新しい時代の物まで4台あります。今は縫う練習をしながらそれぞれの特徴を見極めているところです。ボタンホールにしても完全自動のミシンは1台で他のは半自動です。実際に使うボタンを押さえ金にセットするだけで自動でホールが縫えるなんてすごいですね。しかも30年も前のミシンで。

さて春物のシャツでも縫ってみましょうか。



koufukutei at 15:33|PermalinkComments(0) ミシン 
プロフィール

亭主

 その時々に思ったことや感じたことを写真を添えて書き留めています。忘れてもふり返れるように…


(店は2011年6月12日をもって閉店しました。これまでのお引き立てに心より感謝します。)

趣味:自転車(約10年 1990年代の初め頃の自転車が好きで全て自作です。かなりの台数あり。もちろん作るだけじゃなく乗っている) 写真(約35年 ずっと白黒中心でやってきたから暗室もあり大判用、中判用、35ミリ判用と3台の伸ばし機が並んでいる。ただしここ数年は使っていないなあ) ミシン,裁縫(約1ヶ月) オーディオ(最初の趣味、今は特に凝っていない。普通に聞ければいい) 音楽:ジャンル問わず大好き。 最近よく聴いているのはChet Atkins とGlenn Gould お酒大好きです。(2010年3月)
2012年1月より陶芸を習い始めた。1年たって何とかできる様になった。(2013年正月)
2014年3月よりフィットネスクラブに通っている。1年経つがまだ続いている。(2015年3月) 去年急に体重が3キロも増えてしまい元に戻そうと格闘している。(2016年正月)  画像は20インチ程度のモニターでも十分な画質です。画像をクリックしてください。その画像をクリックすればさらに拡大します。またパソコン版では広告は一切なくて見やすいです。(2016年4月) 習字をはじめました。パイロットの通信講座でペン習字です。最後の習い事です(2017年正月)  世の流れは、車の運転すら自由にできない方へ向かっているのではと危機感を抱きマニュアルミッションの車を購入。存分に遊ぶことにした。(2018年5月)

記事検索
最新コメント
月別アーカイブ
ギャラリー
  • 梅雨開けず
  • 梅雨開けず
  • 白粉花
  • 立派なクワガタ
  • ホヤの塩辛
  • 木村伊兵衛のパリ
  • 山桃…
  • ドクダミ酒を仕込む
  • ドクダミ酒を仕込む
  • ドクダミ酒を仕込む
  • 水草の花
  • iPhone3台 GEOへ
  • iPhone3台 GEOへ
  • ハゼと山菜の天ぷら
  • OGK Kabuto REZZA
  • OGK Kabuto REZZA
  • ドクダミの花
  • ドクダミの花
  • あさみや金時
  • あさみや金時
  • サボテン満開
  • サボテン満開
  • 今のうちに乗らないと
  • 今のうちに乗らないと
  • テレビの修理 TruLuX  TLX-LED240BV3
  • テレビの修理 TruLuX  TLX-LED240BV3
  • テレビの修理 TruLuX  TLX-LED240BV3
  • テレビの修理 TruLuX  TLX-LED240BV3
  • テレビの修理 TruLuX  TLX-LED240BV3
  • 花景色
  • 満開
  • 施釉
  • フィッシュ・オン 開高健
  • フィッシュ・オン 開高健
  • 今年も…
  • 桜咲く
  • はたはたを干す
  • 椿が一輪
  • 万年筆4本
  • 釉薬をかける